イブラーヒーム (ウマイヤ朝)

イブラーヒーム(生年不詳 - 750年1月25日)は、ウマイヤ朝の第13代カリフ(在位:744年10月3日 - 12月12日)。

イブラーヒーム
إبراهيم بن الوليد
ウマイヤ朝カリフ
在位 744年10月3日 - 12月12日

死去 750年1月25日
家名 ウマイヤ家
王朝 ウマイヤ朝
父親 ワリード1世
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

生涯編集

第6代カリフ・ワリード1世の子。第13代カリフで兄に当たるヤズィード3世の早世で跡を継いだ。しかし第4代カリフ・マルワーン1世の孫でイラク総督のマルワーン2世はこれを認めず反乱を起こし[1]、敗れたイブラーヒームはパルミラに逃亡した。在位わずか6ヶ月足らずで、35歳の命を疫病に奪われた。[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 兄・ヤズィード3世がクーデターを起こしたことがウマイヤ一族で不満を持たれていたという[要出典]
  2. ^ 前嶋信次 (2000年). 千夜一夜物語と中東文化. 東洋文庫. p. 78 

参考文献編集

関連項目編集

先代:
ヤズィード3世
ウマイヤ朝
744年
次代:
マルワーン2世