メインメニューを開く

前嶋 信次(まえじま しんじ、1903年7月20日 - 1983年6月3日)は、日本のイスラム史、東洋史家、東洋学者

目次

来歴編集

現在の山梨県笛吹市八代町に生まれる[1]山梨県立日川中学校東京外国語学校仏語科を経て、東京帝国大学文学部東洋史学科を卒業。当時は日本ではほとんど研究する者がなかったイスラム史を志し、アラビア語を学ぶ。一時、台南第一中学校教諭や台北帝国大学助手となり、戦時中は南満州鉄道東亜経済調査局に勤めた。戦後は1951年から1971年まで慶應義塾大学教授でイスラム史を研究紹介。日本イスラム協会、日本オリエント学会の設立運営に貢献し、日本のイスラム学研究の発展に尽力した。

アラビア語文献に基づいた東西交渉史(シルクロード学)の実証的研究を数多く行う一方で、文学的情趣をあわせもった一般的向けの啓蒙書を数多く著してアラブ文化・イスラム文化を日本に広く紹介した。特に、日本ではじめてアラビア語原典からの翻訳となった『アラビアン・ナイト』が名高い。弟子に家島彦一三木亘坂本勉らがいる。多くの編著刊行にも関わっている。

主な著書編集

  • 『シルクロード史上の群像』
  • 『民族・戦争』
  • 『文化の東西交流』
  • 『東西物産の交流』 ※増補改訂版、同上、1982年。最晩年に全4巻で刊行
  • 空海入唐記』 誠文堂新光社、1983年(上記未収録の論考)
  • 日持上人の大陸渡航 宣化出土遺物を中心として』 誠文堂新光社、1983年(同上)
  • 『イスラム文化と歴史』 誠文堂新光社、1984年 (同上) 、湯川武解題
  • 『インド学の曙』 世界聖典刊行協会〈ぼんブックス〉、1985年 (没後刊行の論考)、窪寺紘一編・解説
  • 『イスラムの宗教と歴史』 世界聖典刊行協会〈ぼんブックス〉、1987年 (没後刊行の論考)、同上
  • 『前嶋信次著作選』 杉田英明[2]編、平凡社東洋文庫全4巻、2000年
  • 『1.千夜一夜物語と中東文化』
  • 『2.イスラムとヨーロッパ』
  • 『3.〔華麗島〕 台湾からの眺望』
  • 『4.書物と旅 東西往還』
※単行本未収録を中心にした論文集、3巻に書誌を、4巻に年譜を収録。 

主な訳書編集

  • 三大陸周遊記イブン・バットゥータ、河出書房〈世界探検紀行全集2〉、1954年/角川文庫(改訂版)、1961年(新装復刊1989年)
    再訂版:河出書房新社〈世界探検全集2〉、1977年/「三大陸周遊記 中公文庫、2004年。※各編訳版 
  • 『アラビアン・ナイト』 平凡社東洋文庫(全18巻、第12巻まで)、1966年-1981年。別巻1985年(実質上の訳者は坂本勉
    ※13巻目以降は池田修訳、1993年に最終第18巻が刊行し完結。のちワイド版(オンデマンド)、各・2006年
  • バルバリア海賊盛衰記 イスラム対ヨーロッパ大海戦史』
    スタンリー・レーン=プール(Stanley Lane-Poole) 、リブロポート〈冒険の世界史シリーズ〉、1981年

関連文献編集

  • 『世界各国史11 西アジア史』山川出版社、1955年、新版1972年、1992年ほか、編著
  • 『世界の文化史蹟10 イスラムの世界』講談社、1969年、編著
  • シルクロード事典』 芙蓉書房、1975年、新版1993年。加藤九祚との共編
  • 『西と東と 前嶋信次先生追悼論文集』 汲古書院、1985年。弟子達による紹介・書誌
  • イスラム学事始 前嶋信次の生涯』 窪寺紘一著 世界聖典刊行協会〈ぼんブックス〉、1989年 
 ※元平凡社編集担当者による詳細な伝記

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 山梨県 2018年8月21日閲覧。
  2. ^ 杉田英明は、『前嶋信次』ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本評伝選〉を刊行予定(時期未定)。