イヤー・オブ・ザ・ラビット

イヤー・オブ・ザ・ラビット(Year of the Rabbit)は、アメリカロックバンド2002年オンでの商業的不振からケン・アンドリュースとサポートドラマーのティム・ドウ(ex-シャイナーシーズン・トゥ・リスク)が、ドウの友人であるジェフ・ガーバー(ex-ナショナル・スカイラインキャスター)と、ソロモン・スナイダー(ex-カップケイクス、Dovetail Joint)の2人を募り結成された。2003年にCD BabyよりEP『Hunted』、唯一のフルアルバム『Year of the Rabbit』をエレクトラ・レコードよりリリースしたが、2004年2月にエレクトラ・レコードの親会社であるワーナー・ブラザース・レコードが売却され、エレクトラはアトランティック・レコードに吸収合併。イヤー・オブ・ザ・ラビットを含めた売り上げの思わしくないアーティストの大半がレーベルを解雇され、その2ヵ月後にアンドリュースは公式サイトにて無期限の活動休止を宣言した。

イヤー・オブ・ザ・ラビット
Year of the Rabbit
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ポスト・グランジ
活動期間 2002年 - 2004年
レーベル エレクトラ、CD Baby
共同作業者 オンナショナル・スカイラインカップケイクスシャイナー
公式サイト www.yearoftherabbit.net
メンバー ケン・アンドリュースボーカルギター
ジェフ・ガーバー (ギター)
ソロモン・スナイダー (ベースギター
ティム・ドウ (ドラムス

作品編集

  • Huntwed EP (2003年)
  • Year of the Rabbit (2003年)