イワノフカ事件は、1919年3月22日、シベリア出兵中の日本軍が、ロシア白軍からの要請で、白軍と敵対するパルチザン(革命派武装勢力)に対する掃討作戦を各地で展開する過程で、革命派武装勢力派のイワノフカ村(アムール州ブラゴベシチェンスク郊外)(ru)を白軍と共に焼討ちし、数百名の村民を焼殺および銃殺した事件。[1][2][3]

概要編集

ロシアでは、極めて厳しい講和条件を課した1918年3月のブレスト=リトフスク条約に刺激され、1917年に発足したボリシェヴィキ政権への反対運動が活発化し始め[4]、ロシアの民主主義者・共和主義者・君主主義者・保守派・自由主義者の白側と、共産主義勢力支持派の赤側に分かれて大規模な反乱・蜂起など内戦が勃発していた[5]

英仏両国の打診により1918年夏にロシア極東部に出兵することを決めた日米連合軍は8月にウラジオストクに上陸[6][6]。帝政期からのロシア軍と臨時政府に忠誠を誓っていたコサック軍で構成された白軍は都市部こそ掌握したものの、農村はボリシェヴィキ寄りで白軍や日本軍の武装解除の要求に応じないことがあった。[7]、そのひとつイワノフカ村の掃討において[8]右派エスエル党に所属する反革命指導者のアタマン・ガーモフ[9]は日本軍に応援を要請[1]

白軍からの要請に応じ各地でパルチザンとの戦いを繰り返していた日本軍は、1919年2月、ユフタの闘いでパルチザンゲリラに急襲され150人の歩兵七二連隊第三大隊が全滅。後続部隊も奇襲を受けて107人が戦死。民間人に偽装し攻撃してくる革命勢力による戦死が相次いでいた日本軍は、ロシア白軍と共に敵対する村落を焼き討ちする方針を打ち出す。[10][11][12]。アムール州で日本軍により焼き討ちを受けた村落は複数あるが、反白軍を鮮明に打ち出していたたことで最大の虐殺を受けたのがイワノフカ村であったとされる[13][14]

1920年までに反ボリシェヴィキ政権の戦闘が散発したが、1922年のシベリア沿海州における白軍政権の崩壊をもって内戦は終結した[15]。ボリシェヴィキによるソヴィエト社会主義共和国同盟を支持しないロシア人は白系ロシア人として、日本に多数が亡命した[16]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『シベリア出兵―革命と干渉 1917~1922』p. 471 原暉之 1989年 筑摩書房 ISBN 978-4480854865
  2. ^ 『ソ連の歴史 増補版 ロシア革命からポスト・ソ連まで』p61、木村英亮、 山川出版社、1996年1月、ISBN 463464200X
  3. ^ 共同通信 (2018年10月3日). “【世界の街から】住民虐殺、ざんげの旅 シベリア出兵のイワノフカ村 - 共同通信 | This Kiji” (日本語). 共同通信. 2019年1月27日閲覧。
  4. ^ 『ソ連の歴史 増補版 ロシア革命からポスト・ソ連まで』p59、木村英亮、 山川出版社、1996年1月、ISBN 463464200X
  5. ^ 『ソ連の歴史 増補版 ロシア革命からポスト・ソ連まで』p60、木村英亮、 山川出版社、1996年1月、ISBN 463464200X
  6. ^ a b 『ソ連の歴史 増補版 ロシア革命からポスト・ソ連まで』p61、木村英亮、 山川出版社、1996年1月、ISBN 463464200X
  7. ^ 『ソ連の歴史 増補版 ロシア革命からポスト・ソ連まで』p62、木村英亮、 山川出版社、1996年1月、ISBN 463464200X
  8. ^ 『シベリア出兵―革命と干渉 1917~1922』原 暉之 1989年 筑摩書房 ISBN 978-4480854865 p. 470
  9. ^ 『シベリア出兵―革命と干渉 1917~1922』原 暉之 1989年 筑摩書房 ISBN 978-4480854865 p. 200
  10. ^ 『シベリア出兵―革命と干渉 1917~1922』原 暉之 1989年 筑摩書房 ISBN 978-4480854865 p. 474
  11. ^ 『シベリア出兵―革命と干渉 1917~1922』原 暉之 1989年 筑摩書房 ISBN 978-4480854865 p. 474
  12. ^ 『シベリア出兵―革命と干渉 1917~1922』原 暉之 1989年 筑摩書房 ISBN 978-4480854865 p. 474-475
  13. ^ 『シベリア出兵―革命と干渉 1917~1922』原 暉之 1989年 筑摩書房 ISBN 978-4480854865 p. 475
  14. ^ 『シベリア出兵―革命と干渉 1917~1922』原 暉之 1989年 筑摩書房 ISBN 978-4480854865 p. 477
  15. ^ 『ソ連の歴史 増補版 ロシア革命からポスト・ソ連まで』p70、木村英亮、 山川出版社、1996年1月、ISBN 463464200X
  16. ^ 『ソ連の歴史 増補版 ロシア革命からポスト・ソ連まで』p66、木村英亮、山川出版社、1996年1月、ISBN 463464200X

関連項目編集