君主制(くんしゅせい、:monarchy, monarchism[1])または君主政[2]君主主義君主制主義[1]とは、一人の支配者が統治する国家形態であり[3]、伝統的には君主が唯一の主権者である体制[4]語源ギリシア語の「モナルケス monarches」で、「ただ一人の支配」を意味する[3]。君主が皇帝である君主制は「皇帝制 imperialism」と言う[5][6][注釈 1]。君主制の対義語は共和制(republic)や共和主義(republicanism)である。

用語編集

君主が存在する国家を君主国、君主が存在しない国家を共和国という。君主国は通常、支配者の君主号によって、王国)、大公国大公)、公国)、首長国アミール)、帝国皇帝[注釈 2])などと呼ばれる。かつて君主号には、個々の文化圏ごとの複雑な慣習に基づく序列や優劣が存在したが、現在は国際社会において儀礼上対等とされる。ただし、便宜上の序列を付ける場合は「在位期間の長い方が上」とすることがある(一例として、各国君主の集合写真を撮影する場合には、在位期間の長い順から中央~外側に着座していき、同じように後列の立座となる)。

ある人物が君主の地位に就任することを即位、君主がその地位から退くことを退位、君主がその地位を他人に譲ることを譲位、退位した人物が再び即位することを重祚(ちょうそ)という。また、即位させること(君主格の付与、enthronement)を「祭り上げる」、退位させること(君主格の剥奪、dethronement)を「廃位する」とも表現する。

政治分析の基礎概念として君主制を取り上げ、他の政体と区別して論じたのは、君主を持たないポリスが多数存在した古代ギリシア思想家である。君主制の国がほとんどを占めていた地域では、君臣の関係のような限定的問題を越えて、君主制を国家一般と別に把握する動機が生まれなかった。近代になって、君主制が共和主義者によって脅かされるようになると、古代ギリシア・古代ローマの伝統を復活させて君主制を論じる政治思想が登場した。

概要編集

継承と任期編集

君主制はまず、君主の座を世襲で継承するかどうかによって、世襲君主制選挙君主制とに分類される[8]。世襲君主制は君主の地位がある一族によって世襲されるものであり、この場合君主の一族を王家王室)と呼び、王家による世襲権力の連続体を王朝という。これに対し、君主が死去または退位した場合、一定の候補者の中から選挙によって君主が選ばれる君主制を選挙君主制という。世襲君主制における王位継承は多くの場合現在の君主との血の近さによって明確な王位継承順位が定められており、空位となった場合は継承順位第一位の人物が新しく君主に就任する。ただし、サウジアラビアのように王位継承順位を定めていない国家も存在する[9]

王位継承は、女性の継承権の有無および優先順位によって4つのタイプに分かれる。女性に継承権が存在しない場合は男系長子継承制となり、男系長子が王位継承の第一順位となって、以下血縁の近い男性に継承権が付与されていく。これに対し、女性に継承権が存在する場合は3つのパターンが存在する。基本的には男系男子を優先するが、男系継承者が絶えた場合に限り女系や女子に継承権を認めるパターンは男系・女系長子継承制と呼ばれる。また、男女に継承権を認めるが、男子が存在する場合は男子を優先するパターンを男子優先長子継承制と呼ぶ。ここまでのタイプは古くから存在する継承法であるが、男女平等概念の浸透により、男女にかかわらず長幼の順に従って継承権を認める絶対的長子継承制が1980年代以降普及しつつある[10]

君主は基本的には任期が定まっておらず、その死去または自主的な退位までは在位をし続けるが、マレーシアサモアのような任期制の君主国[注釈 3]も存在する。アラブ首長国連邦は大統領制を取っており、任期は5年であるが、大統領は連邦に加盟する7ヶ国の世襲首長によって互選される上、国内で最大勢力を持つアブダビ首長国の首長が大統領に選出されることが慣例化している[11]。またアンドラフランス大統領スペインウルヘル司教が職権上アンドラ公国共同公に就任し、共同元首となっている[12]

権限編集

君主制はまた、その政治権力によっても分類される。君主が絶対的な権力を持つ政体が絶対君主制である。絶対君主制は独裁政治の一種であり、政治体制としては権威主義体制に含まれる。権力継承のシステムが確立している上に王族によって支配体制が固められている[13]ため、権威主義体制の各政体の中ではもっとも安定性が高い[14]。これに対し、君主が権力を制限されていたり付与されていない政体が制限君主制であり、権力の制限が憲法に基づく(立憲主義)場合は立憲君主制となる。立憲君主制はさらに、君主が名目的な地位にあるイギリス型と、君主に強力な権限を持たせたプロイセン型(外見的立憲君主制)に大別される[15]。イギリス型の立憲君主制は議会制民主主義に立脚しており、民主制の君主国において広く採用されている[16]

歴史編集

18世紀末までは、世界のほとんどの国家において君主制が敷かれており、共和制をとる国家はスイスオランダ連邦共和国ヴェネツィア共和国などわずかな数に過ぎなかった。その後、18世紀末にはアメリカ独立戦争によってアメリカ合衆国が成立し、フランス革命によってフランスが一時共和制を取ったことで君主制をとらない国家も増え始め、なかでもこの両革命の影響を強く受けたラテンアメリカ諸国は18世紀初頭の独立時にほとんどが共和制をとった[17]。一方、ヨーロッパ大陸においては君主制はいまだに強固なものであり、ベルギーが独立を達成した際にも君主の推戴が条件とされたため、1831年にドイツの小領邦君主であるザクセン=コーブルク=ゴータ家からレオポルド1世を初代国王として受け入れた[18]。ヨーロッパにおける新独立国が他国から王族を迎え入れて君主制を敷く例は19世紀を通じてみられ、ギリシャ(1832年)やブルガリア(1879年)、ノルウェー(1905年)などが新しく王を受け入れている。ただしヨーロッパにおいては君主制は存続する一方で、イギリスにおいて議院内閣制と立憲君主制が成立したのに続き、19世紀後半には自由主義の興隆によってヨーロッパ大陸諸国が立憲君主制を導入するなど、君主の権利は19世紀を通じて制限・縮小する傾向が続いた。この君主権の制限はヨーロッパ外にも一部波及し、日本やオスマン帝国にもこの時期立憲君主制が導入された[19]

こうした流れが決定的に変化したのは第一次世界大戦によってである。この大戦でドイツオーストリア・ハンガリーロシアの3ヶ国で君主制が崩壊し[20]、またヴェルサイユ条約によって独立したヨーロッパの国家は、セルビア王国を実質的に継承したユーゴスラビア王国を除きいずれも共和制をとった。さらに第二次世界大戦によって、イタリアや東欧諸国で君主制が廃止された[21]。一方、それまで同君連合制をとっていたイギリス連邦において、独立したインドが共和制を取ることを表明し、なおかつその後もイギリス連邦にとどまることを希望したため、1949年に国王への忠誠条項が撤廃され、英連邦王国とイギリス連邦とが制度的に分離した。これにより、君主制を取らずともイギリス連邦への残留が可能となった[22]。第二次世界大戦以降、アジアアフリカ地域でヨーロッパ諸国の植民地が相次いで独立したものの、この新独立国群は独立時にほとんど共和制を取り、君主制を敷いたのはいくつかの英連邦王国を除くと、独立以前から保護国や保護領などの形で君主制が残存していた国家に限られていた。中東で1950年代から1970年代にかけて王制が相次いで廃止された[23]ように、君主制をとった新独立国も、政情不安からしばしば王制が転覆し、共和制へと移行するケースが見られ、イランエチオピアのように古い君主制国家でも王が失政を行った場合は革命が勃発して王が放逐された。

こうして君主制国家の割合は減り続け、2019年には君主制を取る国は国連加盟国の4分の1以下にまで減少した[24]。この流れは21世紀に入っても続いており、2008年にはネパールにおいて王政が廃止された[25]。また、君主制を存続させている国家においても君主制廃止論は根強く残っており、オーストラリアなどではしばしば君主制廃止論が再燃している[26]。一方で、1993年のカンボジアのように一度廃止された君主制を復活させる[27]、いわゆる王政復古を行った国家も少数ながら存在する。

君主制の国家構成州編集

2020年現在、アラブ首長国連邦とマレーシアの2ヶ国には国家内の州にも君主制のものが存在する。アラブ首長国連邦はアブダビドバイシャールジャアジュマーンウンム・アル=カイワインフジャイララアス・アル=ハイマの7つの首長国によって構成される連邦国家であり、各首長国はそれぞれ絶対君主制を取っている。独立した首長国が連合する形で成立した国家であるため、各首長国の権限は大きく自立性は高い[28]。これに対し、マレーシアの国家構成領邦はすべてではなく、マレーシア半島部の11州のうち、ジョホール州ケダ州クランタン州パハン州ペラ州スランゴール州トレンガヌ州ヌグリ・スンビラン州プルリス州の9州のみが君主制を取っている。マレーシアの州の君主はいずれも権限は小さく、立憲的な議会主義君主制となっている[29]

君主の称号による分類編集

 
  絶対君主制の国
  絶対君主制に近い国
  立憲君主制の国
  英連邦王国 (人的同君連合となっている立憲君主制の国)
  伝統的な君主が地方に存在する国

君主の種類による分類には以下がある。

現存編集

現存しない編集

君主国の一覧編集

現存編集

2020年時点において君主制を取っている国家は、以下の44ヶ国である。このうち、英連邦王国に属する国家が16ヶ国存在する。

君主 制度 継承 現憲法
  日本国 天皇 象徴天皇制立憲君主制[注釈 6] 世襲制 1947
  カンボジア王国 立憲君主制 世襲選挙制 1993
  タイ王国 制限君主制 世襲制 2017
  ブータン王国 立憲君主制 世襲制 2007
  ブルネイ・ダルサラーム国 スルターン 絶対君主制 世襲制 1959
  マレーシア [注釈 7] 立憲君主制 選挙君主制 1957
  オランダ王国 立憲君主制 世襲制 1815
  スウェーデン王国 象徴君主制(立憲君主制) 世襲制 1974
  スペイン王国 議会君主制
(立憲君主制)
世襲制 1978
  デンマーク王国 立憲君主制 世襲制 1849
  ノルウェー王国 立憲君主制 世襲制 1814
  ベルギー王国 立憲君主制 世襲制 1831
  モナコ公国 大公 立憲君主制 世襲制 1911
  アンドラ公国 共同公 立憲君主制 職権上 1993
  モロッコ王国 立憲君主制 世襲制 1957
  リヒテンシュタイン公国 立憲君主制 世襲制 1862
  ルクセンブルク大公国 大公 立憲君主制 世襲制 1868
  アラブ首長国連邦 大統領 混合制 世襲選挙制 1971
  オマーン国 スルターン英語版 絶対君主制 世襲制 1996
  カタール国 首長 混合制 世襲制 2004
  クウェート国 首長 絶対君主制 世襲選挙制 1962
  サウジアラビア王国 絶対君主制 世襲選挙制 1992
  バーレーン王国 混合制 世襲制 2002
  ヨルダン・ハミシテ王国 立憲君主制 世襲選挙制 1952
  エスワティニ王国 立憲君主制 世襲選挙制 1968
  レソト王国 立憲君主制 世襲選挙制 1993
  トンガ王国 立憲君主制 世襲制 1970
  バチカン市国 教皇 立憲君主制 選挙君主制 1920
  イギリス 立憲君主制 世襲制 1701
  アンティグア・バーブーダ 英国王 立憲君主制 1981
  オーストラリア 英国王 立憲君主制 1901
  カナダ 英国王 立憲君主制 1867
  グレナダ 英国王 立憲君主制 1974
  ジャマイカ 英国王 立憲君主制 1962
  セントクリストファー・ネイビス 英国王 立憲君主制 1983
  セントビンセント・グレナディーン 英国王 立憲君主制 1979
  セントルシア 英国王 立憲君主制 1979
  ソロモン諸島 英国王 立憲君主制 1978
  ツバル 英国王 立憲君主制 1978
  ニュージーランド 英国王 立憲君主制 1907
  バハマ 英国王 立憲君主制 1973
  パプアニューギニア 英国王 立憲君主制 1975
  バルバドス 英国王 立憲君主制 1966
  ベリーズ 英国王 立憲君主制 1981

現存しない編集

19世紀以前に君主制から共和制に移行した国編集

20世紀に君主制から共和制に移行した国編集

21世紀に君主制から共和制に移行した国編集

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 一般に、「専制君主制」的な理念が「皇帝」(Emperor, Kaiser)という語に含まれており、これはローマ帝国から由来している[7]。ただし初代ローマ皇帝(アウグストゥス)の皇帝制は、確かに君主制ではあるがプリンキパトゥス(プリンチパーツス)と呼称されており、この君主制は共和制時代の元老院をも継承していた[7]
  2. ^ 広大な領土を保持していたり、複数の従属国を束ねていたりする国家を指して、君主号によらず、また共和国であっても「帝国」と呼ぶこともある(詳細は帝国を参照)。
  3. ^ サモアを君主制に分類するかどうかについては定まっていない。
  4. ^ 連合王国独自の解釈がされる非常に独特な国家連合体。
  5. ^ 各国の総督はイギリス政府とは完全に無関係であり、実際には各国の首相の推薦により、その国の市民権を持つ人間が選ばれる。
  6. ^ 天皇が君主かは議論がある。詳細は象徴天皇制#議論を参照。
  7. ^ Yang di-Pertuan Agong

出典編集

  1. ^ a b Weblio 2019, p. 「monarchism」.
  2. ^ 岡田 2015, p. 19.
  3. ^ a b 平凡社 2019.
  4. ^ ブリタニカ・ジャパン 2019.
  5. ^ 湊 1991, p. 63.
  6. ^ 淡路 1980, p. 104.
  7. ^ a b 湊 1991, p. 64.
  8. ^ 「現代社会の陛下たち デモクラシーと王室・皇室」p212 水島治郎・君塚直隆編著 ミネルヴァ書房 2018年9月20日初版第1刷発行
  9. ^ 「サウジアラビア」p41 保坂修司 岩波書店 2005年8月19日第1刷
  10. ^ http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10990713_po_080201.pdf?contentNo=1 「ヨーロッパ君主国における王位継承制度と王族の範囲」山田敏之 国立国会図書館調査及び立法考査局 2017-11-20刊行 2020-07-04閲覧
  11. ^ https://www.uae.emb-japan.go.jp/gaikyo_j.htm 在アラブ首長国連邦日本国大使館
  12. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/andorra/data.html 「アンドラ基礎データ」日本国外務省 令和元年12月4日 2020年6月30日閲覧
  13. ^ 「比較政治学」p146 粕谷祐子 ミネルヴァ書房 2014年9月30日初版第1刷
  14. ^ 「比較政治学」p149 粕谷祐子 ミネルヴァ書房 2014年9月30日初版第1刷
  15. ^ 「立憲君主制」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目版』6、ティビーエス・ブリタニカ、1993年、改訂第2版。
  16. ^ 「立憲君主制の現在 日本人は「象徴天皇」を維持できるか」p25-27 君塚直隆 新潮社 2018年2月25日発行
  17. ^ 「代議制民主主義」p50-51 待鳥聡史 中公新書 2015年11月25日発行
  18. ^ 「物語 ベルギーの歴史」p39-41 松尾秀哉 中公新書 2014年8月25日
  19. ^ 「代議制民主主義」p48-49 待鳥聡史 中公新書 2015年11月25日発行
  20. ^ 「現代社会の陛下たち デモクラシーと王室・皇室」p11 水島治郎・君塚直隆編著 ミネルヴァ書房 2018年9月20日初版第1刷発行
  21. ^ 「現代社会の陛下たち デモクラシーと王室・皇室」p14 水島治郎・君塚直隆編著 ミネルヴァ書房 2018年9月20日初版第1刷発行
  22. ^ 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p233-234 秋田茂(中公新書, 2012年)
  23. ^ 「現代社会の陛下たち デモクラシーと王室・皇室」p16-18 水島治郎・君塚直隆編著 ミネルヴァ書房 2018年9月20日初版第1刷発行
  24. ^ https://www.sankei.com/life/news/190321/lif1903210010-n1.html 「【王位継承物語】21世紀の君主制と皇室 「継続と安定」もたらす宝」産経新聞 2019.3.21 2020年6月27日閲覧
  25. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2397063?cx_part=search 「ネパール制憲議会で宣誓式、君主制廃止へ」AFPBB 2008年5月28日 2020年6月27日閲覧
  26. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3111776?cx_part=search 「豪で君主制廃止論再燃? 首相「女王退位後に共和制移行を」AFPBB 2016年12月19日 2020年6月27日閲覧
  27. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/cambodia/data.html 「カンボジア王国基礎データ」日本国外務省 令和元年7月29日 2020年6月27日閲覧
  28. ^ 『アラブ首長国連邦(UAE)を知るための60章』pp218-219 細井長編著 明石書店 2011年3月18日初版第1刷発行
  29. ^ http://www.clair.or.jp/j/forum/c_report/pdf/313.pdf 「マレーシアの地方自治」p21-24 (財)自治体国際化協会 2007年12月10日 2020年7月4日閲覧

参考文献編集

  • 淡路, 憲治「パリ・コミューンとマルクス (II) (The Paris Commune and Marx (II) )」『岡山大学経済学会雑誌』第11巻第4号、岡山大学経済学会、1980年、 97-130頁、 ISSN 03863069
  • 今井, 義夫「ロシア・ツァーリズムのイデオロギー」『社会思想史研究』第15巻、社会思想史学会(北樹出版)、1991年、 30-42頁。
  • 岡田, 健太郎「カナダ国民統合における立憲君主制の役割についての一考察 ―― 連邦議会上院などを事例として(A Study on the Canadian Political Unity and the Substantial Role of the Constitutional Monarchy System in Canada from the Current Canadian Political & Social Context)」『神奈川県立国際言語文化アカデミア紀要』第4巻、神奈川県立国際言語文化アカデミア、2015年、 19-31頁、 doi:10.20686/academiakiyou.4.0_19ISSN 2186-7348
  • ブリタニカ・ジャパン「君主」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』ブリタニカ・ジャパン、2019年。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『君主』 - コトバンク
  • 湊, 晶子「ローマ帝国における「皇帝礼拝」と「皇帝崇拝」:皇帝の神格化をめぐって」『東京基督教大学紀要』第1巻、東京基督教大学、1991年、 61-75頁。