インペリウムラテン語: imperium 英語: imperium)とは、本義的には「無限の権」を指し[1]、一般的には「命令」と和訳される古代ローマラテン語[2]。「〔文武の〕命令権」[3]・「最高命令権」[4]・「皇帝国家」などとも訳される[5]

インペリウムの保持者はインペラトルと言い[6]、これは軍指揮者[7]凱旋将軍[8]皇帝などを指す[3]

概要編集

古代ローマにおいて元老院から公職者に対して一時的に与えられた行政権限のことである[9][10][11][12][13]。インペリウムの付与には期限があり、1年または特定の任務が終るまでであった[10][12]。インペリウムを与えられた者はインペラトル(命令権保持者)と呼ばれ[14][15]警士によって警護されることが通常であり、その警士の数は公職によって異なった。元老院は、元老院の決定を執行する者として各地にインペラトルを派遣することで、ローマから遠く離れた地域へもローマの支配を行き渡らせた[16]

共和政期初期にはインペリウムは執政官法務官にのみ与えられる権限であったが[17][18][11][12]、次第に独裁官護民官、あるいは特殊な任務を帯びた高位官職者にも与えられるようになった[10][12]。共和政期初期のインペリウムは平時と戦時を通しての包括的な権限であったが[10][12]、次第に様々な制約を受けるようになり[10][12]、最終的には特定の属州における軍事指揮権にまで縮小された[13]紀元前27年からはアウグストゥスにインペリウムが連年付与され[10]、最終的にはプロコンスル上級命令権として永続的なインペリウムがアウグストゥスに与えられた[10][19]。ただし、あくまでインペリウムは属州における軍事指揮権にすぎず、たとえアウグストゥスの上級命令権といえどもローマイタリア本土における命令権は含まれていなかった[19]

「帝国」としてのインペリウム編集

共和政期中期になると、インペリウムは「インペリウム(命令権)の及ぶ範囲」という意味でも用いられるようになった[20][21][18]。ローマの命令権の及ぶ範囲がインペリウム・ローマーヌム(Imperium Romanum)であり、すなわちローマ帝国である[21][22]

古代ローマ歴史家は、アテネ帝国スパルタ帝国カルタゴ帝国マケドニア帝国ペルシア帝国バクトリア帝国パルティア帝国といった強国を指して特別に「帝国Imperium)」と呼んだ[23]。これらの帝国のうちアテネ帝国、スパルタ帝国、カルタゴ帝国は民主政寡頭制の帝国であった。また、君主政の帝国の場合には帝国の君主は「王(rex)」と呼ばれた[24]

こうした共和政ローマ時代のインペリウムの概念は、単に古代ローマ人の用いた用語としてだけではなく、現代に至るまでヨーロッパにおける「帝国」の概念として用いられ続けている[25]。このラテン語のインペリウムが時とともに音韻変化を遂げたものが、日本語において一般に「帝国」と訳されている英語のエンパイア(Empire)やフランス語のアンピール(Empire)である[26][27]

関連項目編集

参考文献編集

  • スティーブン・ハウ 『1冊でわかる帝国』岩波書店、2003年。ISBN 9784000108256 
  • 木村陵二鶴間和幸 著「帝国と支配 古代の遺産」、樺山紘一 編 『岩波講座 世界歴史 第5巻 帝国と支配』岩波書店、1998年。ISBN 9784000108256 
  • 宮嵜麻子 著「変わりゆく地中海」、南川高志 編 『B.C.220 帝国と世界史の誕生』山川出版社、2018年。ISBN 9784634445017 
  • 吉村忠典 『古代ローマ帝国の研究』岩波書店、2003年。ISBN 9784000228329 
  • 吉村忠典 『古代ローマ世界を旅する』刀水書房、2009年。ISBN 9784887083820 
  • 弓削達 『ローマ帝国論』吉川弘文館、2010年。ISBN 9784642063593 

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『旺文社世界史事典 三訂版』「インペラトル
  2. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)』「インペリウム
  3. ^ a b 百科事典マイペディア』「インペラトル
  4. ^ デジタル大辞泉』「インペラトル
  5. ^ 『日本大百科全書(ニッポニカ)』「帝国主義
  6. ^ 『日本大百科全書(ニッポニカ)』「インペラトル
  7. ^ 世界大百科事典 第2版』「インペラトル
  8. ^ 『プログレッシブ英和中辞典(第5版)』「imperator
  9. ^ 吉村2003、p.53。
  10. ^ a b c d e f g [インペリウム]『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典TBSブリタニカ
  11. ^ a b [インペリウム]『世界大百科事典平凡社
  12. ^ a b c d e f [インペリウム]『日本大百科全書小学館
  13. ^ a b [インペリウム]『大日本百科事典』小学館
  14. ^ [インペラトル]『世界歴史大事典教育出版
  15. ^ [インペラトル]『マイペディア』平凡社
  16. ^ 吉村2003、pp.53-54。
  17. ^ 宮嵜2018、p.27。
  18. ^ a b 木村ら1998、p.8。
  19. ^ a b 弓削2010、pp.166-168。
  20. ^ Howe2003、p.17。
  21. ^ a b 吉村2003、pp.53-58。
  22. ^ 木村ら1998、p.10。
  23. ^ 吉村2009、pp.60-61。
  24. ^ 吉村2009、pp.71-72。
  25. ^ 吉村2009、p.61。
  26. ^ 吉村2003、pp.71-72。
  27. ^ 吉村2009、p.68。
  28. ^ from バールーフ・デ・スピノザ: Tractatus politicus, Caput II, § 6.