ウィリアム・シンジョン (第9代ブレッツォのシンジョン男爵)

第9代ブレッツォのシンジョン男爵ウィリアム・シンジョン英語: William St John, 9th Baron St John of Bletso1689年[1]1720年10月11日)は、イングランド貴族

生涯編集

第2代準男爵サー・セント・アンドリュー・シンジョンの息子として生まれた[2]。1709年7月5日、ケンブリッジ大学ジーサス・カレッジ英語版に入学、1713年にM.A.の学位を修得した[3]

第3代ボリングブルック伯爵ポーレット・シンジョン(1711年没)の相続人に指定されたが、ホイッグ党所属のボリングブルック伯爵と違い、ウィリアム・シンジョンはトーリー党に所属した[1]

1714年5月10日に兄セント・アンドリューの息子ポーレット・セント・アンドリューが死去すると、ブレッツォのシンジョン男爵の爵位を継承した[2]。同年5月27日、貴族院にはじめて登院したが、1717年7月1日を最後に登院しなくなった[1]アン女王の死後に行われた1715年イギリス総選挙ではベッドフォードシャー選挙区英語版で選挙活動をしたが、トーリー党の候補は2名とも落選した[1]

1720年10月11日に生涯未婚のまま死去[2]ベッドフォードシャーブレッツォ英語版で埋葬された[4]。弟ローランドが爵位を継承した[2]

出典編集

  1. ^ a b c d Eagles, Robin (2016). "ST JOHN, William (c. 1689–1720)". In Paley, Ruth (ed.). The House of Lords 1660–1715 (英語). 4. Cambridge University Press. p. 302. ISBN 9781107175259
  2. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 19.
  3. ^ "William ST JOHN (ST709W)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  4. ^ "St John of Bletso, Baron (E, 1558/9)". Cracroft's Peerage (英語). 21 April 2003. 2019年11月3日閲覧
イングランドの爵位
先代
ポーレット・セント・アンドリュー・シンジョン
ブレッツォのシンジョン男爵
1714年 – 1720年
次代
ローランド・シンジョン