ポーレット・シンジョン (第3代ボリングブルック伯爵)

第3代ボリングブルック伯爵ポーレット・シンジョン英語: Paulet St John, 3rd Earl of Bolingbroke1634年11月23日(洗礼日) – 1711年10月5日)は、イングランド王国の政治家、貴族。

生涯編集

ポーレット・シンジョン(初代ボリングブルック伯爵オリヴァー・シンジョン英語版の次男)とエリザベス・ヴォーン(Elizabeth Vaughan)の次男として生まれ[1]、1634年11月23日に洗礼を受けた[2]。1651年、リンカーン法曹院に入った[2]

イングランド空位期英語版では政治にかかわらなかったが、王政復古の後の1663年にベッドフォード選挙区英語版の補欠選挙で当選、以降再選を繰り返した[2]

1688年3月18日に兄オリヴァーが死去すると、ボリングブルック伯爵の爵位を継承した[1]。同年の名誉革命以降はカントリのホイッグ党員としてウィリアム3世を支持した[2]

1689年9月5日から1711年10月5日までベッドフォードシャー首席治安判事英語版を務めた[3]

1711年10月5日に生涯未婚のまま死去、後継者がおらずボリングブルック伯爵の爵位は断絶したが、ブレッツォのシンジョン男爵英語版は親族のポーレット・セント・アンドリュー・シンジョンが継承した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 204–205.
  2. ^ a b c d Naylor, Leonard (1983). "ST. JOHN, Paulet (1634-1711), of Warden Street, Beds". In Henning, B. D. (ed.). The House of Commons 1660-1690 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年7月13日閲覧
  3. ^ Sainty, John Christopher (November 2002). "Custodes Rotulorum 1660-1828". Institute of Historical Research (英語). 2019年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月13日閲覧
イングランド議会 (en
先代:
リチャード・テイラー英語版
ジョン・ケリング英語版
庶民院議員(ベッドフォード選挙区英語版選出)
1663年 – 1685年
同職:リチャード・テイラー英語版 1663年 – 1667年
サー・ウィリアム・ビーチャー英語版 1667年 – 1679年
サー・ウィリアム・フランクリン 1679年 – 1685年
次代:
サー・アンソニー・チェスター準男爵
トマス・クリスティー
名誉職
先代:
アイルズベリー伯爵
ベッドフォードシャー首席治安判事英語版
1689年 – 1711年
次代:
ケント公爵
イングランドの爵位
先代:
オリヴァー・シンジョン
ボリングブルック伯爵
1688年 – 1711年
断絶
ブレッツォのシンジョン男爵英語版
1688年 – 1711年
次代:
ポーレット・セント・アンドリュー・シンジョン