ポーレット・シンジョン (第8代ブレッツォのシンジョン男爵)

第8代ブレッツォのシンジョン男爵ポーレット・セント・アンドリュー・シンジョン英語: Paulet St Andrew St John, 8th Baron St John of Bletso1711年1714年5月10日)は、イングランド貴族

生涯編集

第4代準男爵サー・セント・アンドリュー・シンジョンとアン・ジェームズ(Anne James、1689年 – ?、サー・ウィリアム・ジェームズの娘)の息子として、1711年に生まれた[1]。父の死後に生まれたため、出生と同時に準男爵の爵位を継承した[1]

1711年10月5日に遠戚の第3代ボリングブルック伯爵ポーレット・シンジョン第3代ブレッツォのシンジョン男爵オリヴァー・シンジョン英語版に辿っての分流)が死去すると、ボリングブルック伯爵の爵位は断絶したが、従属爵位のブレッツォのシンジョン男爵はポーレット・セント・アンドリュー・シンジョンが継承した[1]。領地も継承したものの、当然ながら自身では管理できず、母や叔父たちが管理にあたった[2]

1712年5月、わずか1歳にも満たない若さにもかかわらず、12歳まで成長する前提で縁談が進んでいたという[2]

1714年5月10日、おそらく3歳にも満たないまま死去[2]、叔父ウィリアムが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 19.
  2. ^ a b c Eagles, Robin (2016). "ST JOHN, Paulet St Andrew (1711–1714)". In Paley, Ruth (ed.). The House of Lords 1660–1715 (英語). 4. Cambridge University Press. p. 301. ISBN 9781107175259
イングランドの爵位
先代:
ポーレット・シンジョン
ブレッツォのシンジョン男爵
1711年 – 1714年
次代:
ウィリアム・シンジョン
イングランドの準男爵
先代:
セント・アンドリュー・シンジョン
(ウッドフォードの)準男爵
1711年 – 1714年
次代:
ウィリアム・シンジョン