メインメニューを開く

ウィリアム・パトリック・ディーン

ウィリアム・ディーン

サー・ウィリアム・パトリック・ディーンSir William Patrick Deane AC KBE, QC, 1931年1月4日 - )はオーストラリアの法律家、裁判官。第22代オーストラリア総督

経歴編集

ビクトリア州メルボルンに生まれる。カトリックの学校を経てシドニー大学で法律を専攻[1]。卒業後司法省に入ったのち、弁護士となる。一時期カトリックの社会活動から政治家を志すが、党の内紛などに幻滅し政治活動をやめる。しかし、活動中に社会問題や人種差別反対運動に関わったことはディーンに大きな影響を与えた。 ディーンは国際法を専門とし、シドニー大学で国際法、エクイティの講師を務めた。1966年に勅選弁護士となる。1977年、ニューサウスウェールズ州最高裁判所判事に任ぜられ、1982年よりオーストラリア高等裁判所判事を務めた[2][3]。判事在任中に関わった判決に、先住民の先住権原を認定したマボ判決がある。

1995年、ポール・キーティング首相はディーンをビル・ハイドン総督の後任に指名し、これをうけ女王エリザベス2世はディーンを総督に任命した。ディーンは高等裁判所判事を辞職し、1996年2月総督に就任した。

総督就任からまもなく、キーティングの労働党は総選挙に敗れ下野、ジョン・ハワード率いる自由党国民党保守連合に政権が交代した。ディーンは労働党寄りのリベラルな人物であり、これまでの多文化主義政策に否定的なハワードとは思想的に合わなかった。ディーンは女王の代理人である総督という立場上、表立ってハワードの政策を批判することはなかったが、人種間の融和、特にアボリジニへの差別解消へ向け積極的に行動し、ハワード政権の右派的姿勢を暗に批判した。オーストラリアの学校で反差別教育を行う「Racism. No way.」プロジェクトはディーンの肝煎りで始められたものである。[4]

2000年、シドニーオリンピックシドニーパラリンピックの開会を宣言した。[5]

2001年6月、任期満了に伴い総督を辞任。同年、総督在任中の人種間融和・差別撲滅への働きかけを評価され、シドニー平和賞を受賞した。[6]

その後は法律家として、社会運動団体(ホームレス支援、教育支援活動)の後援を行っている。総督辞任後は政治的発言を「解禁」されたこともあり、多文化主義、人種間融和に否定的な動きがみられる場合には、ときの政権(特に保守政権)を批判しオーストラリア国民に警告する発言も行っている。[7][8][9]

脚注編集