ウイングスパン (ボードゲーム)

ウイングスパン(Wingspan)は、エリザベス・ハーグレーブ英語版によって設計され、2019年にStonemaier Gamesによって出版された1人から5人向けボードゲームである。「Wingspan」は英語で翼幅のこと。ウイングスパンはプレイヤーが野生動物の保護区に鳥を呼び寄せることを競う、カードを使った中量級のエンジン構築型ボードゲームである。ウイングスパンは、その図柄(アートワーク)[1]、鳥の生息地を正確に描いていること、そしてゲームの筋が高く評価されており、2019年のドイツ年間ゲーム大賞でその年の最優秀愛好家(エキスパート)ゲーム賞を受賞した[2]

Wingspan
Components in Wingspan board game.jpg
デザイナー エリザベス・ハーグレーブ
イラスト Ana Maria Martinez Jaramillo, Natalia Rojas, Beth Sobel
販売元 Stonemaier Games
発売日 2019年
プレイ人数 1 - 5
プレイ時間 40 - 70分
ウェブサイト www.stonemaiergames.com

発売後2か月間で全世界で3刷り4万4千本を販売し[3]、出版社はもっと多くの本数を用意できなかったことを公式に謝罪した[4]。このゲームは2019年末までに全世界で約20万本を販売した[5]。2021年3月までに売上は60万本に達した[6]

2021年3月現在、ボードゲームギークのデータベースにランクインしている約1万8千本のゲームの中で、20位に位置している[7]

2019年11月に発売された『ウイングスパン拡張:欧州の翼』には、ヨーロッパの鳥類の新カード81枚[8]が収録され、追加の餌の恩恵を受ける鳥や、ラウンド終了時に発動する能力など、新たな機構や鳥の能力が追加された[9]

2019年1月4日にTabletopia英語版で最初のデジタル版が発売された[10]。 その後、2019年2月27日にSteam[11]、2020年12月24日にNintendo Switch[12]、2021年7月20日にiOS[13]でも発売された。

ゲームの筋編集

ウイングスパンでは、プレイヤーは170枚の個別のカードによって表わされる鳥[14]を、森林草原湿地にのいずれかに配置していく[3]。 4ラウンド26ターンの間に、プレイヤーは3つの異なる生息地に鳥を配置していく。3つの生息地は各プレイヤーのボード上の横列によって表わされ、それぞれの横列には5羽の鳥を配置するスペースがある[15]

プレイヤーは毎ラウンド、「新しい鳥を引く」、「手札の鳥を生息地に置く」、「餌を集める」、「卵を産む」という4種類のアクションを限られたターン数だけ取ることができ、餌トークンや卵トークンは鳥をプレイするために消費しなければならない[16]。 各アクションの強さは、その生息地にすでに何枚のカードがあるかによって決まり、追加のボーナスアクションは、そのアクションを表す生息地にすでにいる鳥によって発動する。

プレイヤーは、鳥をそれぞれの生息地に配置するだけでなく、各ラウンドやゲーム全体で達成した目標、蓄積された卵、他のカードに蓄積された餌トークンや鳥カードなど、プレイヤーの鳥による食料収集や捕食を表すポイントを獲得する[15]

拡張セット編集

『ウイングスパン ヨーロッパ拡張(邦題:欧州の翼)』は2019年(日本語版は2020年6月)に発売された最初の拡張版である。使用可能な鳥カードの合計プールに81枚の新しいユニークな鳥カード、10個の新しいラウンド終了時の目標、5枚のボーナスカードが追加される。『欧州の翼』のデジタル版は2019年12月13日にTabletopiaで発売された[17]。 その後、2020年1月8日にSteamでも拡張版が発売された[18]

『ウイングスパン オセアニア拡張(邦題:大洋の翼)』は2020年1月に発表された第2の拡張版で、2020年後半に発売された(日本語版は2021年2月発売)。エミューはこのオセアニア拡張版で最初に確認された鳥である[19]。『大洋の翼』には95枚の鳥カード、8つのラウンド終了時のゴール、5つの新しいユニークなプレイヤーマット、そしてネクター(花蜜)と呼ばれる新しい餌タイプが含まれている[20]

『ウイングスパン アジア拡張(邦題:東洋の翼)』は2022年第4四半期に発売予定(日本語版の発売日は未定)の第3の拡張版[21]タンチョウヅルおよびインドクジャクが収録予定。『東洋の翼』には90枚の新たな鳥カード、14枚の新たなボーナスカードの他、『東洋の翼』単体でも遊べる1~2人プレイ専用の「つがいモード(Duet mode)」ルール、基本セットや他の拡張セットと合わせて遊ぶ6~7人プレイ専用の「群鳥モード(Flock mode)」ルールと、それらに必要な新たなプレイヤーマットやゲームボードなどが含まれる。なお既存の拡張セットと同様に標準ルールを用いたプレイも可能。 また基本セットおよび将来発売するものも含めた全拡張が収納可能(予定)な専用収納ボックス『Nesting Box』も同時発売される[22]。なお『Nesting Box』初回限定版(英語)には『東洋の翼』も同梱される。

背景とテーマ編集

ハーグレーブは2005年冬、友人との旅行を機に熱心なボードゲームのプレイヤーとなった。しかし様々なボードゲームを遊ぶうちに貿易経済をテーマとするボードゲームが多いことに不満を覚え、彼女自身が好む自然をテーマとするゲームを欲したことが、ゲームデザインを始める切っ掛けになったと言う。その処女作として制作されたのが本作である[23]

このゲームは、ハーグレーブがメリーランド州の自宅近くにあるアルテメシア湖英語版を訪れ、そこで観察した鳥のチャートを個人的に作成していたことから着想を得たもので、データセットのサイズは600行×100列近くに達している[24]。ゲームに登場する鳥たちが持つ特殊能力は、ハーグレイブの努力によって記録された実在の鳥たちのユニークな特徴によく似ている[25]

受賞・ノミネート歴編集

評判編集

ウイングスパンは主に好意的な評価を受け、広く称賛された[31]。 ボードゲーム評論家のMatt Throwerはウイングスパンを2019年の「最もホットなゲーム」と呼び[32]ロサンゼルス・タイムズのSaid Al-Azzawiは「ボードゲーム業界で今年最も評価されたゲームの一つ」と呼んだ[33]

出典編集

  1. ^ Pyttlik, Olaf (2019年8月17日). “Looking for a new game? Trust the judges”. Winnipeg Free Press. オリジナルの2021年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210107171809/https://www.winnipegfreepress.com/arts-and-life/looking-for-a-new-game-trust-the-judges-546837512.html 2019年10月17日閲覧。 
  2. ^ a b Roberts, Siobhan (2019年3月11日). “She Invented a Board Game With Scientific Integrity. It's Taking Off.”. The New York Times. オリジナルの2021年4月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210423211354/https://www.nytimes.com/2019/03/11/science/wingspan-board-game-elizabeth-hargrave.html 2019年10月17日閲覧。 
  3. ^ Whipple, Tom (2019年3月11日). “Birdwatching game Wingspan flies off the shelves”. The Times. オリジナルの2019年10月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191017181911/https://www.thetimes.co.uk/article/birdwatching-game-wingspan-flies-off-the-shelves-ldlv79jtj 2019年10月17日閲覧。 
  4. ^ Farzan, Shalah (2019年11月6日). “Bird-Themed Game Hatched In St. Louis Soars In Popularity”. St. Louis Public Radio. オリジナルの2021年1月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210126150611if_/https://news.stlpublicradio.org/health-science-environment/2019-11-06/bird-themed-game-hatched-in-st-louis-soars-in-popularity 2021年5月3日閲覧。 
  5. ^ Schrappen, Colleen (2021年3月4日). “Wooden dice and gold-foiled playing cards. St. Louis is hotbed for fantastical, elaborate 'designer' games”. St. Louis Post-Dispatch. オリジナルの2021年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321014115/https://www.stltoday.com/business/local/wooden-dice-and-gold-foiled-playing-cards-st-louis-is-hotbed-for-fantastical-elaborate-designer/article_bce16570-cd8f-51a5-8ec3-aa5a1ad6669c.html 2021年3月5日閲覧。 
  6. ^ FitzClemen, Robin (2019年10月14日). “Unboxing board game culture at FunAgain's Gamer Garage Sale”. Daily Emerald. オリジナルの2020年3月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200330072053/https://www.dailyemerald.com/news/unboxing-board-game-culture-at-funagain-s-gamer-garage-sale/article_eff8eed8-ee11-11e9-8a17-ffb493f57a1e.html 2021年3月5日閲覧。 
  7. ^ Elderkin, Beth (2019年11月12日). “Wingspan Expands, Magic: The Gathering Enters the Hall of Fame, and More in Tabletop News”. Gizmondo. 2020年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月14日閲覧。
  8. ^ Winmai, Arran (2019年10月2日). “Stonemaier Games komt met eerste Wingspan-uitbreiding”. NWTV. 2019年10月25日閲覧。
  9. ^ All About Birds”. Tabletopia. 2020年4月27日閲覧。
  10. ^ Tabletopia - Wingspan on Steam”. store.steampowered.com. 2020年4月27日閲覧。
  11. ^ WINGSPAN (ウイングスパン) ダウンロード版”. 2021年7月26日閲覧。
  12. ^ https://applion.jp/iphone/app/1459520638/
  13. ^ McLaughlin, Shaymus (2019年11月14日). “Need your outdoors fix indoors? Try these board games”. Minneapolis Star Tribune. オリジナルの2021年1月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210130071115/https://www.startribune.com/need-your-outdoors-kick-indoors-try-these-five-board-games/564930442/ 2019年11月20日閲覧。 
  14. ^ a b “Wingspan Is about as Perfect as Board Games Get”. Paste. (March 27, 2019). オリジナルのApril 29, 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210429213901/https://www.pastemagazine.com/games/board-games/wingspan-is-about-as-perfect-as-board-games-get/ 2019年10月17日閲覧。. 
  15. ^ Zimmerman, Aaron (2019年3月16日). “Wingspan review: A gorgeous birding board game takes flight”. Ars Technica. 2021年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月21日閲覧。
  16. ^ New Continent”. Tabletopia. 2020年4月27日閲覧。
  17. ^ Tabletopia - Wingspan: European Expansion on Steam”. store.steampowered.com. 2020年4月27日閲覧。
  18. ^ Design, Dave Hewer (2020年1月16日). “Wingspan Oceania Expansion”. Stonemaier Games. 2020年8月17日閲覧。
  19. ^ Wingspan: Oceania Expansion”. BoardGameGeek. 2021年1月7日閲覧。
  20. ^ https://stonemaiergames.com/games/wingspan/wingspan-asia/
  21. ^ https://stonemaiergames.com/games/wingspan/wingspan-nesting-box/
  22. ^ 野鳥を集めるボードゲーム「ウイングスパン」はなぜ世界的に大ヒットしたのか? - GIGAZINE
  23. ^ Teague Bechwith, Ryan (2019年4月2日). “New Board Game Inspired by Lake Artemesia”. Hyattsville Wire. オリジナルの2020年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200408150852/https://www.hyattsvillewire.com/2019/04/02/wingspan-board-game-elizabeth-hargrave/ 2019年10月17日閲覧。 
  24. ^ West, Stuart (May 14, 2019). “A bird-based game takes wing”. Nature. https://www.nature.com/articles/d41586-019-01503-0 2019年10月22日閲覧。. 
  25. ^ Deutscher Spielepreis 2019 - Sieger”. www.reich-der-spiele.de. 2019年12月10日閲覧。
  26. ^ 2019 Nominees - International Gamers Awards”. www.internationalgamersawards.net. 2019年12月10日閲覧。
  27. ^ Flügelschlag” (英語). Spiel des Jahres. 2019年12月10日閲覧。
  28. ^ Expertprijs 2019: nominaties”. www.spellenprijs.nl. 2019年12月10日閲覧。
  29. ^ BoardGameGeek”. boardgamegeek.com. 2020年4月27日閲覧。
  30. ^ Law, Keith (2019年12月17日). “The Best Board Games of 2019”. Vulture. 2020年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月26日閲覧。
  31. ^ Thrower, Matt (2019年10月11日). “Best Board Games of 2019”. IGN. 2020年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月23日閲覧。
  32. ^ Al-Azzawi, Saif (2019年11月8日). “Fun board games to give this season”. Los Angeles Times. オリジナルの2021年1月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210117104046/https://www.latimes.com/lifestyle/story/2019-11-08/board-games-gift-guide-2019 2019年11月11日閲覧。