ワライカワセミ

ワライカワセミ(笑い翡翠・学名Dacelo novaeguineae )は、ブッポウソウ目カワセミ科に分類される鳥。オーストラリアに分布する大型のカワセミの仲間。人が大笑いしているような独特の(「ワハハハ……」と笑っているように聞こえる)大声でさえずることからこの名がある。

ワライカワセミ
Dacelo novaeguineae waterworks - edit.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ブッポウソウ目 Coraciiformes
: カワセミ科 Alcedinidae
: ワライカワセミ属 Dacelo
: ワライカワセミ D.novaeguineae
学名
Dacelo novaeguineae
(Hermann, 1783)
和名
ワライカワセミ
英名
Laughing Kookaburra

目次

形態編集

全長は40-47cm。ハトカラスの中間くらいの大きさがあり、カワセミ科の中では最大の種類である。

他のカワセミ科と違ってくちばしが短くて太い。くちばし上部は黒色で、下部は肌色。頭部と腹は白いが、黒褐色の過眼線があり、冠羽は黒褐色の斑が混じる。翼を含む背面は濃褐色で、翼の中ほどの小雨覆および中雨覆と腰に水色が混じる。尾羽は茶褐色で、黒色の帯が7本前後はいる。尾羽の先端部は白色。

分布編集

オーストラリア北東部のヨーク岬半島から南オーストラリア州アデレード付近にかけて。また、西オーストラリア州南西部やタスマニア島カンガルー島ニュージーランドにも移入され、分布を広げている[1]

亜種編集

  • D.n.novaeguineae:基亜種。
  • D.n.minor:ヨーク半島亜種。基亜種よりも小型。

生態編集

 
採録地はオーストラリア、ペンバートン近郊。ウィキメディア・コモンズから呼出

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

本来のカワセミ科は河川や湖に生息するが、ワライカワセミは水辺は勿論、森林地帯から、木がまばらに生える草原の他、都市部の公園や市街地など様々な環境に生息している。大声でさえずって縄張りを主張するが、この鳴き声が人間の笑い声に似ているのがこの名前の由来である。特徴的な鳴き声から、動物園などでもよく飼育されている。

繁殖期は主に夏で、は木のうろに作る。通常、2~4つの卵を産む。繁殖に参加しない個体は、抱卵や給餌を手伝う。巣立ち後も繁殖に参加しなかった個体が敵から若鳥を守ることが知られている。非繁殖期も家族で生活し、一生を同じ土地で過ごす。寿命は20年前後。

ほとんどのカワセミ科は魚やカニを食べる肉食で水面に突入して獲物を捕らえるが、ワライカワセミは木の枝などに止まって獲物を探し、獲物を見つけると飛びかかり、大きなくちばしで獲物を捕える。また、ほとんどの獲物は丸呑みにし、有毒のヘビも飲み込める。他のカワセミ科のように水に飛び込んでを捕食することは稀で、通常は地上で獲物を捕える。肉食を中心とする雑食性で、昆虫類からネズミヘビ、、カエル、果実、動物の死骸に至るまで様々なものを食べる。また、市街地では人間のゴミや農作物をカラスのように食い荒らしたり、森林では他の鳥の巣を襲うこともある。

近縁種編集

ワライカワセミ属(Dacelo 属)は、他にも3種類が知られる。

アオバネワライカワセミはオーストラリア、アルーワライカワセミとチャバネワライカワセミはニューギニアに分布している。

人間との関係編集

森林に棲息するものは人間の生活に比較的影響を及ぼすことはないが、市街地や農耕地に棲息するものは、ゴミや農作物を主食にしていることが多く、当然カラスやイノシンと同様に食い荒らすため、現地の人は害鳥として駆除や対策を行う地域もある。 ただ、どの亜種も個体数は増加傾向にある。

LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))

関連項目編集

  • シドニーオリンピックの大会マスコットの一つ「オリー」はワライカワセミがモチーフとなっている。
  • NHKの「みんなのうた」に、「わらいかわせみに話すなよ」(1962年12月 - 1963年1月放送)という歌がある。

参考文献編集

  1. ^ Egerton, L. ed. 2005. Encyclopedia of Australian wildlife. Reader's Digest ISBN 9780864491183
  • Field Guide to Australian Birds, Michael Morcombe, Steve Panish Publishing, 2004, ISBN 9781740215596
  • Egerton, L. ed. 2005. Encyclopedia of Australian wildlife. Reader's Digest ISBN 9780864491183