ウェセックス伯爵(ウェセックスはくしゃく、英語: Earl of Wessex)は、3度創設されたイギリス伯爵位。1度目と2度目の創設はノルマン・コンクエスト以前のウェセックス朝イングランド王国の爵位として、3度目の創設は連合王国貴族として創設された爵位だった。

3度目の創設においてはセヴァーン子爵が従属爵位として与えられ[1]、初代伯爵の長男ジェームズ儀礼称号として使用した。

歴史編集

第1期編集

11世紀のウェセックス伯爵領は旧ウェセックス王国、すなわち、イングランド南部諸カウンティからウェールズとの国境までを含む。クヌート1世(995-1035)の治世にあたる1020年以降の時期、ゴドウィン英語版(?-1053)がウェセックス伯爵に叙された[2]。ゴドウィンは力をつけ、エドワード懺悔王(c.1004-1066)の治世にはイングランド王国における最も勢力の強い人物になった。1053年にゴドウィンが死去すると、爵位は息子ハロルド(c.1022-1066)が継承、ハロルドは1066年にハロルド2世としてイングランド王に即位するも同年のヘイスティングズの戦いで戦死した。

第2期編集

1066年冬のノルマン・コンクエスト以降、イングランド王ウィリアム1世(1027-1087)は戦友の1人ウィリアム・フィッツオズバーン英語版(c.1020-1071)をウェセックス伯爵に叙した[3]。フィッツオズバーンは1071年にフランドル地方で死去するまでウィリアム1世の地盤固めに尽力したが、その死後はウェセックス伯爵領の勢力が減り、息子ロジャー英語版(1056-1087以降)は父からヘレフォード伯爵の爵位しか継承できなかった[4]

第3期編集

1999年、イギリス女王エリザベス2世(1926-)の三男エドワード王子(1964-)ソフィー・リース=ジョーンズ(1965-)結婚式英語版を挙げた。この結婚にあたって、「現エディンバラ公爵の死去とウェールズ公の王位継承」[5]に伴いエディンバラ公爵の爵位が「君主に返上される」ときに同爵位をエドワード王子に与えることも発表された[6]

このような経緯もあり、エドワード王子は1999年6月19日にセヴァーン子爵とウェセックス伯爵に叙された[1]

ウェセックス伯爵(第1期、1020年頃)編集

ウェセックス伯爵(第2期、1060年代)編集

ウェセックス伯爵(第3期、1999年)編集

出典編集

  1. ^ a b The London Gazette: no. 55536. p. 7011. 1999年6月28日。
  2. ^ Mason, Emma (2004). The House of Godwine (英語). p. 33. ISBN 1-85285-389-1.
  3. ^ Crouch, David (2006). The Normans: The History of a Dynasty (英語). A&C Black. p. 100. ISBN 9781852855956.
  4. ^ Crouch, David (2006). The Normans: The History of a Dynasty (英語). A&C Black. p. 108. ISBN 9781852855956.
  5. ^ Whitaker's Almanack 2010, p. 46 'Peers of the Blood Royal'
  6. ^ "The Earl of Wessex" (英語). Royal.gov.uk. 3 December 2010時点のオリジナルよりアーカイブ. 30 October 2010閲覧.

関連項目編集