メインメニューを開く

クヌート1世英語:Canute / Cnut / Knut I、デンマーク語:Knud 2.、995年 - 1035年11月12日)は、ノルマンデーン人で、イングランド王デンマーク王ノルウェー王を兼ねた王(イングランド王在位:1016年 - 1035年、デンマーク王在位:1018年 - 1035年、ノルウェー王在位:1028年1030年説あり〉 - 1035年)。デンマーク王としてはクヌーズ2世カヌートクヌットなどとも。大王(英語:the Great、デンマーク語:den Store)と称される。

クヌート1世 / クヌーズ2世
英語: Canute / Cnut / Knut I
デンマーク語: Knud 2.
イングランド王
デンマーク王
ノルウェー王
Knut der Große cropped.jpg
在位 1016年 - 1035年(イングランド王)
1018年 - 1035年(デンマーク王)
1028/30年 - 1035年(ノルウェー王)

出生 995年
死去 1035年11月12日
シャフツベリー
配偶者 エルギフ・オブ・ノーサンプトン
  エマ・オブ・ノーマンディー
子女 スヴェン
ハロルド1世
ハーデクヌーズ
グンヒルダ
王家 ゴーム家
王朝 イェリング朝
父親 スヴェン1世
母親 グンヒルド
テンプレートを表示

目次

人物略歴編集

デンマーク王スヴェン1世の子。 母はスラヴ人レフ族(ポラニェ族)の族長でポーランド統一者であるミェシュコ1世の娘シフィエントスワヴァ[1][2][3](嫁ぎ先で王妃グンヒルドと呼ばれた)。同じくミェシュコ1世の子であるポーランド国王ボレスワフ1世(勇敢王)は叔父にあたる。ただし、『ヘイムスクリングラ[4]、『クニートリンガ・サガ英語版』によれば、母はヴェンドの王ブリスラヴの娘のグンヒルド(en)とされている。

父スヴェンおよび叔父ボレスワフ1世配下のポーランド諸侯と共にイングランドに侵攻して活躍した。1014年、父が戦死した後、その後を継いで戦い続けて勢力を拡大した。それをもって1016年、アングロ・サクソン封建家臣団の会議でイングランド王に推挙され、即位することとなった。1018年には兄ハーラル2世の死によりデンマーク王位を継承した。その後はノルウェースウェーデンに遠征して勢力を拡大した。1028年にはノルウェー王位も兼ねることとなり、3国の王位を兼ねて「大王」と称された。ここに、広大な北海帝国を築き上げたのである。

1035年、41歳で死去した。死後、後継者争いが起こって、北海帝国はクヌートの死後わずか7年で崩壊した。

子女編集

最初に、ノーサンプトン伯アルフヘルムの娘エルギフ(エルギヴァ)と結婚した。

  • スヴェン(? - 1036年) - ノルウェー王(父と共治)(1030年 - 1035年)
  • ハロルド1世(1015年頃 - 1040年) - イングランド王

二度目に、ノルマンディー公リシャール1世の娘で、イングランド王エゼルレッド2世の未亡人エンマと結婚した。

  • ハーデクヌーズ(1018/9年 - 1042年) - デンマーク王、イングランド王
  • グンヒルダ(1020年頃 - 1038年) - 1036年に後の神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世と結婚

系譜編集

 
男性
 
女性
 


 
 
 
 
 
 
グンヒルド
 
スヴェン1世
双叉髭王
 
シグリーズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハーラル2世
デンマーク王
 
エルギフ
 
クヌート1世
 
エンマ
 
ギューザ
 
エイリーク・
ハーコナルソン
 
エストリズ
 
デーンの伯
ウルフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スヴェン
ノルウェー王
 
ハロルド1世
イングランド王
 
ハーデクヌーズ
デンマーク王
 
グンヒルダ
 
ハインリヒ3世
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
 
デンマーク王国
エストリズセン朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ザーリアー朝

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Encomiast, Encomium Emmae, ii. 2, pg. 18
  2. ^ Thietmar, Chronicon, vii. 39, pgs. 446-447
  3. ^ Trow, Cnut, p. 40.
  4. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (二)』(スノッリ・ストゥルルソン著、谷口幸男訳、プレスポート・北欧文化通信社)65頁(『オーラヴ・トリュッグヴァソンのサガ』第三十四章 ハラルド・ゴルムスソンの死)。

参考文献編集

  • Campbell, Alistair (ed.) (1949) Encomium Emmae Reginae. (Camden third series; no. 72.) London: Royal Historical Society (Reissued by Cambridge University Press with a supplementary introduction by Simon Keynes, 1988.)
  • Thietmar (1962) Chronik: Chronicon; Neu übertragen und erläutert von Werner Trillmich. Darmstadt: Wissenschaftliche Buchgesellschaft
  • Trow, M. J. (2005), Cnut: Emperor of the North, Stroud: Sutton, ISBN 0-7509-3387-9 

関連項目編集

先代:
エドマンド2世
イングランド王
1016年 – 1035年
次代:
ハロルド1世
先代:
ハーラル2世
デンマーク王
1018年 - 1035年
次代:
ハーデクヌーズ
先代:
オーラヴ2世
ノルウェー王
9代
1028年 - 1035年
次代:
マグヌス1世