メインメニューを開く

乗用車におけるウォークスルー (Walk Through) とは運転席と助手席、前席と後席の間で車内を移動できる仕組みである。リアエンジン方式ならではの、低く平らな床構造を生かした、初代のフォルクスワーゲン・タイプ2(T1)などの例がある。

商用車では立ったままの姿勢で荷室まで移動できるものもある。

シフトレバーインパネステアリングコラムに設置したり、パーキングブレーキを足踏み式や運転席のドア側(外より)に設置することで、楽に移動できるようになっている。アメリカ製のSUVピックアップトラックセダン、さまざまな状況下での利便性が求められるミニバンや商用車、タクシーに使われることが多いセダンなどに多く採用されている。


関連項目編集