ウォーリア級装甲巡洋艦

ウォーリア級装甲巡洋艦 (Warrior class cruiser) はイギリス海軍巡洋艦デューク・オブ・エジンバラ級の改正型。1906年1907年に4隻が竣工。副砲が50口径19.1cm砲に変更されている。「コクラン」が1918年11月14日、リヴァプールマージー川河口で荒天により沈没、「ナタル」が1915年12月30日、クロマーティで火薬庫の爆発事故により沈没、「ウォーリア」が1916年5月31日、ユトランド沖海戦で大破、翌日自沈と、第一次世界大戦中に3隻が失われた。

ウォーリア級装甲巡洋艦
HMS Warrior (1905).jpg
基本情報
艦種 装甲巡洋艦
前級 デューク・オブ・エジンバラ級装甲巡洋艦
次級 マイノーター級装甲巡洋艦
要目
常備排水量 13,550トン
全長 154.08m
最大幅 22.4m
吃水 7.62m
最大速力 23ノット
乗員 700から850名
兵装 45口径23.4cm単装砲6基
50口径19.1cm単装砲4基
3ポンド単装速射砲26基
45cm水中魚雷発射管3門
テンプレートを表示
本級の武装・装甲配置を示した図

同型艦編集

関連項目編集

参考図書編集

  • 「世界の艦船増刊第46集 イギリス巡洋艦史」(海人社)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1860-1905」(Conway)