ウッドワードステークス

ウッドワードステークスWoodward Stakes)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ベルモントパーク競馬場で10月初旬に行われる競馬競走である。

ウッドワードステークス
Woodward Stakes
主催者 ニューヨーク競馬協会
競馬場 ベルモントパーク競馬場
距離 ダート9ハロン
格付け G1
賞金 賞金総額50万ドル
出走条件 サラブレッド3歳上
負担重量 古馬 126ポンド(57.2キログラム
3歳馬 122ポンド(55.4キログラム)
牝馬 3ポンド(1.4キログラム)減
テンプレートを表示

概要と歴史編集

1954年に創設された競走で、前年に亡くなったウィリアム・ウッドワード(元ジョッキークラブ会長)を記念したものである。創設時はハンデキャップ競走として施行され、以後何度か斤量条件が変更されている。また、1976年1977年1988年-1990年には名称をウッドワードハンデキャップ(Woodward Handicap)として開催されている。1991年以降は馬齢条件で行われている。

創設時はベルモントパーク競馬場で開催され、何度かアケダクト競馬場での移設開催を行い、2006年から2020年まではサラトガ競馬場で行われるようになった。2021年からは再びベルモントパーク競馬場で開催されることになった[1]

創設時には8ハロン(約1600メートル)で施行されたが、翌年と翌々年には距離変更が行われたりと、何度も施行条件が変化した競走でもあった。最も長い距離で開催されていたのが1972年-1975年の期間で、12ハロン(約2400メートル)に設定されていた。1990年以降は9ハロンで固定され、現在に至っている。

伝統の古馬重賞のひとつで、今までに同競走を連覇した馬が多数存在している。中にはフォアゴー(4連覇・1974年-1977年)やケルソ(3連覇・1961年-1963年)のような大記録もある。

また1980年のレースは、スペクタキュラービッドが単走で優勝した。

近年の勝ち馬編集

脚注編集

  1. ^ Jockey Club Gold Cup, Flower Bowl Shifted to Saratoga”. bloodhorse.com (2021年2月19日). 2021年2月20日閲覧。
  2. ^ 2014年レース結果 - racingpost、2014年9月9日閲覧

外部リンク編集

関連項目編集