クオリティロード

クオリティロード (Quality Road) とはアメリカ合衆国で生産された競走馬である。馬名の由来はイルーシヴクオリティの「クオリティ」と母の父ストロベリーロードの「ロード」を組み合わせたもの。

クオリティロード
欧字表記 Quality Road
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2006年3月23日(12歳)
Elusive Quality
Kobla
母の父 Strawberry Road
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州
生産 Edward P.Evans
馬主 Edward P.Evans
調教師 James A.Jerkens(アメリカ
Todd A.Pletcher(アメリカ)
競走成績
生涯成績 13戦8勝
獲得賞金 1,332,830ドル
(2010年2月6日現在)
テンプレートを表示

目次

経歴編集

2007年のキーンランド9月イヤリングセールに上場されたが、生産者のエドワード・エヴァンズによって110,000ドルで買い戻された。

2歳・3歳(2008年・2009年)編集

2歳時の2008年11月29日アケダクト競馬場で行われた競走馬デビュー戦をアラン・ガルシアの騎乗により勝利する。

デビュー2戦目は3歳となった2009年1月10日ガルフストリームパーク競馬場で行われた一般競走で、引き続きガルシアが騎乗したが2着。2月28日重賞競走初挑戦となったファウンテンオブユースステークス (G2) では新たにジョン・ヴェラスケスを鞍上に迎え、2着馬に4馬身4分の1差をつけて勝利を挙げた。3月28日G1競走初挑戦となったフロリダダービーでは引き続きヴェラスケスが騎乗して2番人気に支持され、2着となった1番人気馬のダンカークに1馬身4分の3差をつけてトラックレコードで勝利。ヴェラスケス、ジェームズ・ジャーケンス厩舎、馬主のエヴァンズにとっても同競走初勝利となった。しかしレース後に裂蹄を発症していることが発覚。治療を行い一時は回復したがその後再発し、陣営はケンタッキーダービーの前週に同競走への出走回避を表明した[1]。この影響もあり、6月中旬にジャーケンス厩舎からトッド・プレッチャー厩舎に移籍した。

移籍後、8月3日のアムステルダムステークス (G2) に単勝オッズ1.7倍の圧倒的1番人気で出走。2着のキャプテンキャンディマンキャンに2馬身差をつけて勝ち、30年ぶりにトラックレコードを更新した。8月29日トラヴァーズステークスにも1番人気で出走したがベルモントステークスの勝ち馬サマーバードの3着に敗れ、続く10月3日ジョッキークラブゴールドカップステークスではサマーバードとの再戦となったが2着に敗れた。その後はブリーダーズカップ・クラシックに駒を進めたが、ゲートで暴れ、脚に傷を負ったため大事をとってスクラッチ(出走取消)した。これまでブリーダーズカップをスクラッチした馬はおらず、「初めてブリーダーズカップをスクラッチした馬」となってしまった。

4歳(2010年)編集

明け4歳初戦は1月3日のハルズホープステークス (G3) に1番人気で出走し、勝利を収めた。続くドンハンデキャップでは2番手でレースを進め、第3コーナーで先頭に立つと、そのまま2着のドライマティーニに12馬身差をつけて圧勝した。勝ち時計の1分47秒49は、自身がマークしたトラックレコードを上回るものだった。3か月間隔をおいて5月31日メトロポリタンハンデキャップに出走、格の違いを見せつけG1競走3勝目を挙げた。2か月間隔をおき、8月7日ホイットニーハンデキャップでは1番人気に推されたがブレイムの2着に敗れた。9月4日ウッドワードステークスを快勝し、G1競走4勝目をあげた。11月6日ブリーダーズカップ・クラシックで最下位の12着に敗れたのを最後に現役を引退、種牡馬入りした。

競走成績編集

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2008.11.29 アケダクト 未勝利 D6.5f 1着 A.ガルシア 2 3/4馬身 (Toulouse Lutrec)
2009.01.10 ガルフストリームパーク 一般競走 D7f 2着 A.ガルシア 2 1/4馬身 Theregoesjojo
2009.02.28 ガルフストリームパーク ファウンテンオブユースS G2 D8f 1着 J.ヴェラスケス 4 1/4馬身 (Theregosejojo)
2009.03.28 ガルフストリームパーク フロリダダービー G1 D9f 1着 J.ヴェラスケス 1 3/4馬身 (Dunkirk)
2009.08.03 サラトガ アムステルダムS G2 D6.5f 1着 J.ヴェラスケス 2 1/4馬身 (Capt.Candyman Can)
2009.08.29 サラトガ トラヴァーズS G1 D10f 3着 J.ヴェラスケス 5馬身 Summer Bird
2009.10.03 ベルモントパーク ジョッキークラブ金杯 G1 D10f 2着 J.ヴェラスケス 1馬身 Summer Bird
2009.11.07 サンタアニタパーク BCクラシック G1 AW10f 取消 J.ヴェラスケス - Zenyatta
2010.01.03 ガルフストリームパーク ハルズホープS G3 D8f 1着 J.ヴェラスケス 2 3/4馬身 (You and I Forever)
2010.02.06 ガルフストリームパーク ドンH G1 D9f 1着 J.ヴェラスケス 12 3/4馬身 (Dry Martini)
2010.05.31 ベルモントパーク メトロポリタンH G1 D8f 1着 J.ヴェラスケス 1 1/2馬身 (Musket Man)
2010.08.07 サラトガ ホイットニーH G1 D9f 2着 J.ヴェラスケス アタマ Blame
2010.09.04 サラトガ ウッドワードS G1 D9f 1着 J.ヴェラスケス 4 3/4馬身 (Mythical Power)
2010.11.06 チャーチルダウンズ BCクラシック G1 D10f 12着 J.ヴェラスケス 29 1/4馬身 Blame

血統表編集

クオリティロード血統ミスタープロスペクター系 / Raise a Native 4×4=12.50%、Northern Dancer 4×5=9.38%、Bold Ruler 5×5=6.25% (血統表の出典)
父系

Elusive Quality
1993 鹿毛
父の父
Gone West
1984 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Secrettame Secretariat
Tamerett
父の母
Touch of Greatness
1986 鹿毛
Heros Honor Northern Dancer
Glowing Tribute
Ivory Wand Sir Ivor
Natashka

Kobla
1995 栗毛
Strawberry Road
1979 鹿毛
Whiskey Road Nijinsky II
Bowl of Flowers
Giftisa Rich Gift
Wahkeena
母の母
Winglet
1988 鹿毛
Alydar Raise a Native
Sweet Tooth
Highest Trump Bold Bidder
Dear April F-No.13-c
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

血統背景編集

脚注編集

  1. ^ Quality Road Out of Derby Contention | BloodHorse.com NewsBloodHorse.com2009年4月27日閲覧(英語)。

外部リンク編集