ウラジーミル・ムスチスラヴィチ (キエフ大公)

ウラジーミル・ムスチスラヴィチロシア語表記:Владимир III Мстиславич, 1132年 - 1173年)は、ドロゴブージ公(在位:1150年 - 1154年、1170年 - 1171年)、ウラジーミル・ヴォリンスキー公(在位:1154年 - 1157年)、スルツク公(在位:1162年)、トリポリエ公(在位:1162年 - 1168年)、キエフ大公(在位:1171年)。ムスチスラフ1世の息子の一人。治世が余りに短かったため、しばしばキエフの統治者リストから漏れることがある。

ウラジーミル3世
Владимир III Мстиславич
キエフ大公
在位 1171年

出生 1132年
死去 1173年
配偶者 ハンガリーのバン・ベロシュの娘
子女 ムスチスラフ
ヤロスラフ
ロスチスラフ
スヴャトスラフ
王家 リューリク家
王朝 リューリク朝
父親 ムスチスラフ1世
母親 リュバヴァ・ドミトリエヴナ
テンプレートを表示

妻子編集

妻はハンガリーのバン・ベロシュ(ru)の娘(1150年結婚)。子には以下の人物がいる。