ウルフ・WR7 (Wolf WR7) は、ウォルター・ウルフ・レーシング1979年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。設計者はハーベイ・ポスルスウェイト。決勝最高成績は8位。

ウルフ・WR7/WR8/WR9
ケケ・ロズベルグがドライブするウルフ・WR7、1979年イモラ
ケケ・ロズベルグがドライブするウルフ・WR7、1979年イモラ
カテゴリー F1
コンストラクター カナダの旗 ウォルター・ウルフ・レーシング
デザイナー ハーベイ・ポスルスウェイト
先代 ウルフ・WR6
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン フォード-コスワース DFV
トランスミッション ヒューランド FGA 400 5速 MT
重量 585kg
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム オリンパスカメラ ウルフ・レーシング
ドライバー 20. ジェームズ・ハント
20. ケケ・ロズベルグ
初戦 1978年アルゼンチングランプリ
出走優勝ポールFラップ
6000
テンプレートを表示

概要 編集

設計 編集

グラウンド・エフェクト効果を得るために、完全なウイングカーとしてWR7は製作された。しかし、昨年の車であるWR6よりも順位が低下。結局1979年シーズンはノーポイントに終わる。この年はオリンパスがスポンサーとなったため、昨年までの紺色ではなく、黒色の車体に金色の文字となった。

1979年末に合併したフィッティパルディで改良され、1980年にF7としてデビューした。

ウルフのシャーシの名称はWR1からWR9まであるが、このうちWR8とWR9はWR7と同一である。

シーズン 編集

ドライバーは3シーズン前のワールドチャンピオンであるジェームズ・ハントを迎えて開幕するが、第7戦モナコGPをリタイヤで終えるとハントは「ドライバーの腕だけでは上位進出など望めなくなっているF1に対して急激に冷めてしまった。興味が無くなった。」として完全引退を宣言、グランプリから去ってしまった[1]。このため後任にはまだ入賞経験が無かったケケ・ロズベルグを起用した。しかしロズベルグも第8戦フランスGPでの9位が唯一の完走となり、苦戦のシーズンとなった。同年を最後にウルフはフィッティパルディ(コンストラクター名はコパスカー)に吸収合併され、消滅した。

スペック 編集

使用シャーシ 編集

ウォルター・ウルフ・レーシング 編集

  • WR7
    • 1979年第1戦-第3戦,第5戦,第7戦,第9戦
  • WR8
    • 1979年第4戦,第6戦,第8戦,第10戦,第13戦,第15戦
  • WR9
    • 1979年第11戦-第12戦,第14戦,第15戦

記録 編集

脚注 編集

  1. ^ JAMES HUNT the Biography 人々を魅了した愛すべき男の一生 F1グランプリ特集 vol.67 86-87頁 1995年1月16日発行