メインメニューを開く

ファステストラップ (Fastest Lap、FL) とは、モータースポーツにおいて、決勝レースでの全ドライバー中、コース一周回が最も速かった選手、及びそのタイムを指す[1]。ここではフォーミュラ1を代表例に記述する。

目次

概要編集

通常各サーキットのコースレコードは予選のポールポジションタイムではなく、このファステストラップの記録が採用されている。その理由は過去のレギュレーションにあり、かつてのF1ではそれぞれ予選専用のエンジンにタイヤ(Qタイヤ)、燃料が許可されていた時代があり、また1994年から2009年までのF1においては予選中にレースで使用する燃料を積んで走るため、予選でのタイムだと歴史を通してそのコースで最も速いタイムを比較するのには適さないためである[2]

F1では1950年から1959年までは、ファステストラップ記録者にも1ポイントが与えられていた。記録者が複数人いた場合、記録した人数で等分された(1954年イギリスグランプリの決勝はタイム計測が秒単位だったため記録者が7人に及び、7人に17ポイントが与えられた)。2019年からファステストラップ記録者が10位以内に入賞した場合に限り、ドライバーとコンストラクターに対して1ポイントが与えられることになった。ただし記録者が11位以下またはリタイアの場合はポイントの対象外となるが、ファステストラップの記録は残る[3]

2007年からはシーズン中最も多くのファステストラップを記録したドライバーに贈られるDHLファステストラップアワードが設けられている[1]

F1におけるファステストラップ記録編集

2018年アブダビグランプリ終了時点) 

通算獲得数編集

順位 回数 ドライバー
1 77   ミハエル・シューマッハ
2 46   キミ・ライコネン
3 41   アラン・プロスト
  ルイス・ハミルトン
5 36   セバスチャン・ベッテル
6 30   ナイジェル・マンセル
7 28   ジム・クラーク
8 25   ミカ・ハッキネン
9 24   ニキ・ラウダ
10 23   ファン・マヌエル・ファンジオ
  ネルソン・ピケ
  フェルナンド・アロンソ

[4]

1シーズンでの獲得回数は、ミハエル・シューマッハ(2004年)とキミ・ライコネン(2005年2008年)の年間10回が最高である[5]

なお日本人では中嶋悟1989年オーストラリアグランプリ小林可夢偉2012年中国グランプリで記録している。また、長谷見昌弘1976年F1世界選手権イン・ジャパンで記録したことになっているが、数日後に計測ミスであることが判明した。ウェットコンディションの中、長谷見は24周目終わりにピットインし、別のウェットタイヤに交換して25周目に向かっており、ピットインのロスタイムを含めて1分18秒台で走行できる状況ではなかった。国内メディア関係者へは訂正のリリースが配布され、ファステストラップはジャック・ラフィットが70周目にドライタイヤで記録した1分19秒97であるとされた。F1の公式記録を管理するFormula One World Championship Limitedのサイトでは長らく長谷見の名が明記されていたが、現在はラフィットに変更されている。

デビュー戦でファステストラップ編集

インディ500のみに参戦のドライバーは除く)

[6]

デビューから遅く達成編集

順位 レース数 ドライバー
1 206   ヤルノ・トゥルーリ
2 156   ジェンソン・バトン
3 136   ニック・ハイドフェルド
4 133   マーク・ウェバー
5 115   ルーベンス・バリチェロ
  ティエリー・ブーツェン
7 99   ケケ・ロズベルグ
8 95   ミカ・ハッキネン
9 87   エディ・アーバイン
10 78   ジョナサン・パーマー

[6]

最年少記録編集

順位 年齢 ドライバー
1 19歳44日   マックス・フェルスタッペン
2 20歳258日   ニコ・ロズベルグ
3 21歳280日   エステバン・グティエレス
4 21歳321日   フェルナンド・アロンソ
5 21際322日   ブルース・マクラーレン
6 21歳353日   セバスチャン・ベッテル
7 22歳19日   ダニール・クビアト
8 22歳91日   ルイス・ハミルトン
9 22歳122日   セルジオ・ペレス
10 22歳137日   キミ・ライコネン

[7]

MotoGPにおけるファステストラップ記録編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ファステストラップ”. portf.co (2018年10月10日). 2018年11月8日閲覧。
  2. ^ ラップレコード”. formula1-data.com (2018年4月13日). 2018年11月8日閲覧。
  3. ^ F1、ファステストラップポイント導入を正式決定…開幕オーストラリアGPから施行”. Formula1-Data (2019年3月12日). 2019年3月12日閲覧。
  4. ^ FLレース数”. f1-data.jp. 2018年11月8日閲覧。
  5. ^ 年間ファステストラップ”. f1-data.jp. 2018年11月8日閲覧。
  6. ^ a b 初FLまでのレース数”. f1-data.jp. 2018年11月8日閲覧。
  7. ^ 初FLの年齢”. f1-data.jp. 2018年11月8日閲覧。
  8. ^ Statistics”. motogp.com. 2018年12月17日閲覧。

関連項目編集