エウリュキュダー

エウリュキュダー古希: Εὐρυκύδα, Eurykydā, : Eurycyda)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してエウリュキュダとも表記される。エーリス地方の王エンデュミオーンアステロディア英語版の娘で、パイオーンエペイオスアイトーロスと兄妹。ただし母についてはイトーノス英語版の娘クロミアー英語版とも、アルカスの娘ヒュペリッペー英語版とも言われる[1]

海神ポセイドーンとの間にエレイオス英語版を生んだ。エレイオスはアイトーロスがアイトーリア地方に去った後に王となり[2]太陽神ヘーリオスの子とも言われるアウゲイアースの父となった[3]

なお、古代の何人かの著述家は彼女のことをエウリュピュレーの名で呼んでいる[4][5][6]

脚注編集

  1. ^ パウサニアス、5巻1・4。
  2. ^ パウサニアス、5巻1・8。
  3. ^ パウサニアス、5巻1・9。
  4. ^ コノーン英語版
  5. ^ 大語源辞典英語版』462・20。
  6. ^ イーリアス』11巻688行への古註。

参考文献編集