エクベルト1世 (マイセン辺境伯)

エクベルト1世(Ekbert I.、1068年1月11日没)は、ブルノン家出身のザクセン伯、マイセン辺境伯

エクベルトは、ザクセン貴族のリウドルフ1038年没)の息子で、彼からブラウンシュヴァイク周辺の所領を相続した。ヒルデスハイム司教区に隣り合ったオストファーレン伯領は1051年に創設された。これに加えてエクベルトは、ハンブルクブレーメン大司教領となっていたかつてのフリースラント伯領を獲得した。ザーリアー家との親密な血縁関係にもかかわらず、エクベルトは1062年におきたカイザースヴェルトのクーデターと言われる未成年のローマ王ハインリヒ4世の誘拐に関わっている。1067年にエクベルトはマイセン辺境伯領を与えられた。

彼は1058年に、シュヴァーベン公爵オットー3世1057年没)の未亡人イルムガルト・フォン・トリノ(トリノ辺境伯オルデリーコ・マンフレーディ2世の娘)と結婚した。彼女は、姉アーデルハイドを介して、ハインリヒ4世の皇妃ベルタ・フォン・トリノの叔母にあたる。エクベルト1世の後継者は息子のエクベルト2世であったが、エクベルト2世が、1090年に子供を遺さずに亡くなると、ブルノン家の所領はその妹のゲルトルート・フォン・ブラウンシュヴァイクのものとなった。

エクベルト1世は、ブラウンシュヴァイク領内での商取引を奨励し、またその地のキリアクス修道院を創設したと推定されている。ブルノン家の墓所はこの修道院にある。

外部リンク編集

(ドイツ語版の外部リンクとして挙げられているものであり、日本語版の作成に直接参照はしておりません)

先代:
オットー
マイセン辺境伯
1067年 - 1068年
次代:
エクベルト2世