リウドルフ (フリースラント辺境伯)

リウドルフ(Liudolf, ? - 1038年4月23日)は、ブルノン家出身のデルリンガウ伯でフリースラント辺境伯。彼はブラウンシュヴァイクの創始者ブルン1世(1015年または1016年没)とギーゼラ・フォン・シュヴァーベンとの息子。母ギーゼラはシュヴァーベン公ヘルマン2世の娘で、バーベンベルク家のシュヴァーベン公エルンスト1世と2度目の結婚を、後に皇帝となるコンラート2世と3度目の結婚をした。このためリウドルフは、シュヴァーベン公エルンスト2世ヘルマン4世、とりわけ皇帝となるハインリヒ3世、さらにはフランスアンリ1世の婚約者であったマティルデ・フォン・フランケンの父違いの兄弟に当たる。

リウドルフ
Liudolf
フリースラント辺境伯
Ceremonial Cross of Count Liudolf, shortly after 1038, German, Lower Saxony, gold with enamel, gems, and pearls over wood core - Cleveland Museum of Art - DSC08522.JPG
リウドルフの儀式用十字架。リウドルフの死後間もなく妻ゲルトルートが作らせたもの(クリーブランド美術館)。

死去 1038年4月23日
配偶者 ゲルトルート
子女 ブルン2世
エクベルト1世
マティルデ
イーダ
家名 ブルノン家
父親 ブルン1世
母親 ギーゼラ・フォン・シュヴァーベン
テンプレートを表示

リウドルフはゲルトルート(? - 1077年7月21日)という女性と結婚したが、彼女の出自については、学問上議論の的となっている(外部リンク参照)。

彼の子供は、以下の通り。

外部リンク編集