エグレモント男爵

エグレモント伯爵から転送)

エグレモント男爵: Baron Egremont)は、イギリスの男爵位。これまでに二度創設されており、第1期はイングランド貴族としてパーシー家への叙爵であり、残る第2期は連合王国貴族としてウィンダム家への授与である。

ウィンダム家は18世紀にエグレモント伯爵を得ており関連性が高いため、本項においてもその歴史に触れる。

歴史編集

パーシー家編集

トマス・パーシー英語版(1422-1460)第2代ノーサンバーランド伯爵を父に持ち、薔薇戦争時にはヘンリー6世を支持してランカスター派に身を置いた人物である[1]。トマスは父の余慶を蒙って1449年11月20日イングランド貴族としてエグレモント男爵(Baron Egremont)に叙せられた[1]。しかし、彼が嫡子のないままノーサンプトンの戦いで敗死すると、爵位は一代にして廃絶した。

ウィンダム家編集

 
伯爵家の祖ウィリアム・ウィンダム英語版を描いた肖像画。
 
ウィンダム家が相続した邸宅ペットワース・ハウス英語版

ウィンダム家はノーフォークの町ウィンダム英語版(Wymondham)よりその姓を得た一族で、15世紀ごろから政治の表舞台にて活動してきた[2]。その始祖ウィリアム・ウィンダム英語版(1632-1683)トーントン選挙区英語版選出の庶民院議員を務めた政治家である[2]。彼は1661年12月9日にイングランド準男爵位の(オーカード・ウィンダムの)準男爵(Baronet, of Orchard Wyndham)を授けられている[2][3]

その孫にあたる3代準男爵ウィリアム(1688頃 - 1740)はわずか7歳にして父エドワードより準男爵位を継承した[3][4]。彼は長じてトーリー党の政治家として活動し、アン女王の治世下に戦時大臣財務大臣を歴任した[4]。折しも、義父の第6代サマセット公爵は公爵家の男子が絶えつつあることを憂いており、爵位と莫大な所領の相続問題に悩まされていた[5]。その6代公爵はウィリアムを贔屓にしており、ウィリアムの子孫は最終的にその地所の一部(エグレモント城英語版ペットワース・ハウス英語版)を相続している。6代公と娘婿ウィリアムの死後、6代公の息子にあたる第7代サマセット公爵1749年10月3日エグレモント伯爵(Earl of Egremont)及びカンバーランド州におけるコッカマス城のコッカマス男爵(Baron Cockermouth, of Cockermouth Castle in the County of Cumberland)を与えられた[6][7][8]。一連の爵位には子供のいない7代公を考慮して、所領の一部を相続した故ウィリアム・ウィンダムの男子にも継承を認める特別継承権が定められていた[7][8]。そのため、以降は3代にわたってウィンダム家が伯爵位を保有している。

ウィリアムの子の2代伯チャールズ(1710–1763)南部担当国務大臣を務めたトーリー党の政治家で、ビュート首相退陣後はグレンヴィル第2代ハリファックス伯爵とともに三頭政治を展開した[9]。彼ののちはその長男ジョージが爵位を相続した。

3代伯ジョージ(1751–1837)には嫡子がなかったため、同名の甥ジョージ(1785–1845)が継承したが彼にも子はなかったことからすべての爵位は廃絶した[6]。ただし、3代伯爵には庶子の男子ジョージ・ウィンダム英語版(1787–1869)がおり、彼は1859年に連合王国貴族ルコンフィールド男爵を授けられている[10][11][12]。さらに、その曾孫にあたる第6代ルコンフィールド男爵英語版(1920–1972)が1963年に連合王国貴族としてサセックス州ペットワースのエグレモント男爵(Baron Egremont, of Petworth in the County of Sussex)を授けられたが[10][13]、これが第2期の創設にあたる。その息子である7代男爵ジョン(1948-)が現存するエグルモント男爵位保持者である。

パーシー家編集

エグレモント男爵(第1期;1449年)編集

ウィンダム家編集

 
第7代サマセット公爵。ウィンダム家への特別継承を認めるエグレモント伯爵に叙された。

オーカード・ウィンダムのウィンダム準男爵(1661年)編集

エグレモント伯爵(1749年)編集

エグレモント男爵(第2期;1963年)編集

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]


出典編集

  1. ^ a b R. A. Griffiths. "Percy, Thomas, first Baron Egremont". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/50235 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  2. ^ a b c WYNDHAM, William (c.1632-83), of Orchard Wyndham, St. Decuman's, Som. | History of Parliament Online”. www.historyofparliamentonline.org. 2020年10月27日閲覧。
  3. ^ a b Cokayne, George E. (George Edward) (1900). Complete baronetage. Cornell University Library. Exeter : W. Pollard & co., ltd.. p. 238. https://archive.org/stream/cu31924092524390#page/n257/mode/2up 
  4. ^ a b Stephen W. Baskerville. "Wyndham, Sir William, third baronet". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/30149 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  5. ^ Tierney, M.A., History and Antiquities of Arundel, 1833, Chapter 6, p. 565, note 4.
  6. ^ a b Heraldic Media Limited. “Egremont, Earl of (GB, 1749 - 1845)” (英語). www.cracroftspeerage.co.uk. Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2020年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月7日閲覧。
  7. ^ a b Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Percy" . Encyclopædia Britannica (英語). 21 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 135.
  8. ^ a b R. O. Bucholz. "Seymour, Charles, sixth duke of Somerset". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/25158 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  9. ^ Norgate, Gerlad le Grys (1900). "Wyndham, Charles" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 63. London: Smith, Elder & Co. pp. 240–243.
  10. ^ a b Heraldic Media Limited. “Leconfield, Baron (UK, 1859)” (英語). www.cracroftspeerage.co.uk. Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2020年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月7日閲覧。
  11. ^ Cokayne, G. E., ed (1893). Complete Peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct, or dormant (L to M). 5 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 34. https://archive.org/details/completepeerage05cokahrish/page/n35/mode/2up 
  12. ^ "No. 22248". The London Gazette (英語). 12 April 1859. 2020年10月19日閲覧
  13. ^ "No. 43171". The London Gazette (英語). 29 November 1963. 2020年10月19日閲覧

関連項目編集