ジョージ・モンタギュー=ダンク (第2代ハリファックス伯爵)

第2代ハリファックス伯爵ジョージ・モンタギュー=ダンク英語: George Montagu-Dunk, 2nd Earl of Halifax KG PC、出生名ジョージ・モンタギューGeorge Montagu)、1716年10月6日1771年6月8日)は、イギリスの政治家、貴族。1739年までサンベリー子爵儀礼称号を使用した。

生涯編集

 
ハリファックス伯爵(右)と2人の秘書、1765年/1767年作。

初代ハリファックス伯爵ジョージ・モンタギューと2人目の妻メアリー・ラムリー(Mary Lumley、1726年12月10日没、初代スカーバラ伯爵リチャード・ラムリーの娘)の息子として、1716年10月6日に生まれた[1]イートン・カレッジで教育を受けた後、1734年2月4日にケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学した[2]

1739年5月9日に父が死去すると、ハリファックス伯爵の爵位を継承、同年にブッシー・パーク英語版管理官(Ranger of Bushy Park)に任命された[1]貴族院議員に就任した直後に野党に加わり、1742年10月に王太子フレデリック・ルイス寝室侍従英語版に任命された[3]。しかし、1744年にヘンリー・ペラム内閣と和解してバックハウンド管理長官英語版に任命された(在任:1744年 – 1746年6月)[3]1745年ジャコバイト蜂起では1個連隊を招集し、9月にはノーサンプトンで演説してジェントリに政府側につくよう呼び掛けた[3]。同年10月4日に陸軍大佐に任命され、実際に軍務に就くことがなかったにもかかわらず1759年2月4日に少将に昇進した[3]。1746年6月に南トレント巡回裁判官英語版(1746年6月 – 1748年10月7日)に転じ、1748年秋には第一商務卿(在任:1748年秋 – 1761年3月21日)に就任、1749年1月11日に枢密顧問官に、1749年11月にノーサンプトンシャー統監英語版(1771年まで在任)に任命された[3]。また、第一商務卿の在任中にノバスコシア植民地の首府設立に貢献、首府の名前ハリファックスはハリファックス伯爵を記念して1749年に名付けられたものである[4][3]。さらに西インド諸島の植民地を商務委員会の管理下に置こうとし、「西インド担当国務大臣」への就任を目指したが、ジョージ2世に拒否され、1756年6月と1757年6月に辞任した(2度とも初代ニューカッスル公爵トマス・ペラム=ホールズからわずかな譲歩を引き出して辞任を撤回した)[3]。その後、第2次ニューカッスル公爵内閣期にあたる1757年10月に閣議入りを果たした[1]

1761年3月にアイルランド総督に任命され、10月にダブリンに着任した[3]。1762年2月、アイルランド議会が総督の給与額を毎年12,000ポンドから16,000ポンドに増額したが、ハリファックス伯爵は自身が増額した給与を受け取らず、増額がハリファックス伯爵の後任から発効するようにした[3]。また、1762年6月から10月にかけて海軍卿英語版を兼任した[1]ビュート伯爵内閣のもとで1762年10月に北部担当国務大臣に任命され、その後継であるグレンヴィル内閣でも国務大臣に留任した[4]。1763年、ジョン・ウィルクスへの捜索令状に署名した[4]

1764年4月23日にガーター勲章を授与された[1]。その後、1765年7月に辞任したが、1770年1月にノース内閣王璽尚書になり、1771年に北部担当国務大臣に転じた[4]

北部担当国務大臣に転じてまもなくの1771年6月8日に死去、ホートン英語版で埋葬された[1]。後継者がおらず、爵位は全て断絶した[1]

家族編集

1741年7月2日、アン・ダンク(Ann Dunk、1726年頃 – 1753年10月13日[5]トマス・ダンク英語版の息子ウィリアムの娘)と結婚[1]、3女をもうけた[5]。この結婚に伴い、ハリファックス伯爵は姓に「ダンク」を加えた[1]

また、愛人にアンナ・フォルクナー英語版というドルーリー・レーン英語版の歌手がおり、2人は庶出の娘アンナ・マリア(Anna Maria)をもうけている[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j Cokayne, George Edward, ed. (1892). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (G to K) (英語). 4 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 136.
  2. ^ "George (Lord) SUNBURY (SNBY733G)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  3. ^ a b c d e f g h i Courtney, William Prideaux (1888). "Dunk, George Montagu" . In Stephen, Leslie (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 16. London: Smith, Elder & Co. pp. 199–201.
  4. ^ a b c d Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Halifax, George Montagu Dunk, 2nd Earl of" . Encyclopædia Britannica (英語). 12 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 839.
  5. ^ a b "Halifax, Earl of (GB, 1715 - 1771)". Cracroft's Peerage (英語). 25 June 2005. 2019年10月27日閲覧
公職
先代:
ラルフ・ジェニソン英語版
バックハウンド管理長官英語版
1744年 – 1746年
次代:
ラルフ・ジェニソン英語版
先代:
モンソン男爵
第一商務卿
1748年 – 1761年
次代:
サンズ男爵
先代:
ベッドフォード公爵
アイルランド総督
1761年 – 1763年
次代:
ノーサンバランド伯爵
先代:
アンソン男爵
海軍卿英語版
1762年
次代:
ジョージ・グレンヴィル
先代:
ジョージ・グレンヴィル
北部担当国務大臣
1762年 – 1763年
次代:
サンドウィッチ伯爵
先代:
イグリモント伯爵
南部担当国務大臣
1763年 – 1765年
次代:
ヘンリー・シーモア・コンウェイ
先代:
イグリモント伯爵
貴族院院内総務
1763年 – 1765年
次代:
ロッキンガム侯爵
先代:
ブリストル伯爵
王璽尚書
1770年 – 1771年
次代:
サフォーク伯爵
先代:
サンドウィッチ伯爵
北部担当国務大臣
1771年
司法職
先代:
ジャージー伯爵
巡回裁判官英語版
南トレント

1746年 – 1748年
次代:
リーズ公爵
名誉職
先代:
モンタギュー公爵
ノーサンプトンシャー統監英語版
1749年 – 1771年
次代:
ノーサンプトン伯爵
グレートブリテンの爵位
先代:
ジョージ・モンタギュー
ハリファックス伯爵
1739年 – 1771年
断絶