エゾノアオイスミレ

スミレ科の種

エゾノアオイスミレ(蝦夷の葵菫、学名:Viola collina)はスミレ科スミレ属多年草[3][4][5][6]。別名、エゾアオイスミレ、マルバケスミレ、テシオスミレ、ニオイケスミレ[1][3][4][5][6]

エゾノアオイスミレ
Viola collina 1.JPG
福島県中通り地方 2021年4月中旬
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ上類 Superrosids
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : マメ類 Fabids
: キントラノオ目 Malpighiales
: スミレ科 Violaceae
: スミレ属 Viola
: エゾノアオイスミレ V. collina
学名
Viola collina Besser[1]
シノニム
和名
エゾノアオイスミレ(蝦夷の葵菫)[4]

近縁のアオイスミレ V. hondoensis に似るが、の先端がややとがり、が大きく、花後に地上を走る匐枝は出さない。また、葉は越冬しない。同種より標高の高い場所に生える[3][4][5]

特徴編集

有茎の種。太く短い地下茎があり、節間は短い。高さは3-10cmになる。根出葉葉柄は長さ3-10cmになり、毛が生え、葉身は長さ2-4cm、卵形から円心形で、先端は鋭突頭、基部は深い心形、縁に低い波状の鋸歯がある。葉質は薄く、両面とも浅緑色で、密に粗い開出毛が生える。夏期の葉は大型になり、長さ6-7cmになる。托葉の基部は葉柄に合着し、縁に毛状突起がある[3][4][5][6]

花期は4-5月。葉の間から葉より高い花柄を伸ばし、花をつける。花柄の途中には狭小な2個の小苞葉がある。花は径約1.5cm、青紫色から淡青紫色または淡紅紫色、まれに白色で、花弁は長さ10-12mm、縁は波状になり、側弁の基部に毛が生え、上弁は反り返る。唇弁の距は太く短く、長さは3-4.5mmになり、先端は上方に内曲する。片は楕円状披針形から披針形で、腺毛が生え、付属体は半円形で縁は全縁となる。雄蕊は5個あり、花柱はカギ形になり、上部は棒状、柱頭は下向きに強く突き出る。果柄は下向きに曲がり、果実は球形の蒴果で、径6-8mmになり、密毛が生え、地表で裂開する[3][4][5][6]種子にはエライオソームというアリが好む付属体があり、アリに種子を散布させるアリ散布型種子の典型を示す[6]染色体数は2n=20[3]

分布と生育環境編集

日本では、南千島、北海道、本州の中部地方以北に分布し[3][4][5][6]、山地から亜高山の落葉広葉樹林の湿り気のある林内や林縁に生育する[3]。北海道では超塩基性岩地に多く、本州中部地方では火山灰地域に多いという[3]

世界では、朝鮮半島中国大陸(東北部)、ロシア極東地方、モンゴルなど、ユーラシア亜寒帯に広く分布する[3]

名前の由来編集

和名のエゾノアオイスミレは「蝦夷の葵菫」の意で、アオイスミレ(葵菫、V. hondoensis)に似て、北海道に産することによる[6]

種小名(種形容語)collina は、「丘の」「丘陵に生える」の意味[7]

ギャラリー編集

下位分類編集

  • シロバナエゾアオイスミレ(別名、シロバナテシオスミレ) Viola teshioensis Miyabe et Tatew. f. albiflora Tatew.[8]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b エゾノアオイスミレ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ エゾノアオイスミレ(シノニム)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 門田裕一 (2016)「スミレ科」『改訂新版 日本の野生植物 3』p.222
  4. ^ a b c d e f g 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.318
  5. ^ a b c d e f 『スミレハンドブック』p.48
  6. ^ a b c d e f g 『新分類 牧野日本植物図鑑』p.714
  7. ^ 『新分類 牧野日本植物図鑑』p.1488
  8. ^ シロバナエゾアオイスミレ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献編集

  • 山田隆彦著『スミレハンドブック』、2010年、文一総合出版
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 大橋広好・門田裕一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 3』、2016年、平凡社
  • 牧野富太郎原著、邑田仁・米倉浩司編集『新分類 牧野日本植物図鑑』、2017年、北隆館
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)