エピカステー古希: Ἐπικάστη, Epikastē)は、ギリシア神話の女性である。長音を省略してエピカステとも表記される。主に、

が知られている。以下に説明する。

カリュドーンの娘編集

このエピカステーは、アイトーリア地方のカリュドーン王カリュドーンと、アミュターオーンの娘アイオリアーとの娘。プロートゲネイアと姉妹。従兄弟のアゲーノールプレウローンの子)と結婚し、ポルターオーンデーモニーケーを生んだ[1]

メノイケウスの娘編集

このエピカステーは、テーバイの王族メノイケウスの娘で[2]クレオーンと兄弟[3]。テーバイ王ラーイオスと結婚し[2][4]オイディプースを生んだ[2]。その後、成長した我が子と気づかずにオイディプースと再婚し[3][5]ポリュネイケースエテオクレース、イスメーネー、アンティゴネーを生んだ[3]

この女性は一般的にイオカステーの名で知られる[2][6][7][8][9][10][11]

エピカステー(イオカステー)の結婚については、早くもホメーロス叙事詩オデュッセイアー』で言及されている。同書によると、エピカステーはオイディポデース(オイディプース)の母であり、美しい女性であったが、息子と気づかずにオイディポデースと結婚してしまう。オイディポデースは父を殺害したのち母と結婚したが、神意によってその結婚を人々に広く知られるところとなり、苦しみながらもテーバイを支配したが、エピカステーは苦悩のあまり首を吊って自殺したと述べている[5]

アウゲイアースの娘編集

このエピカステーは、エーリス地方の王アウゲイアースの娘で[12]ピューレウス[13][14]アガステネース[15][16]、アガメーデーと兄弟[17]ヘーラクレースとの間にテスタロスを生んだ[12]

クリュメノスの妻編集

このエピカステーは、ニカイアのパルテニオス英語版によると、アルゴステーレウスの子クリュメノスの妻で、イーダース、テラゲール、ハルパリュケーを生んだ[18]

脚注編集

  1. ^ アポロドーロス、1巻7・7。
  2. ^ a b c d アポロドーロス、3巻5・7。
  3. ^ a b c アポロドーロス、3巻5・8。
  4. ^ パウサニアース、9巻26・3。
  5. ^ a b 『オデュッセイアー』11巻271行-280行。
  6. ^ パウサニアース、9巻5・10。
  7. ^ ヒュギーヌス、242話。
  8. ^ ヒュギーヌス、243話。
  9. ^ ヒュギーヌス、253話。
  10. ^ シケリアのディオドーロス、4巻64・1。
  11. ^ シケリアのディオドーロス、4巻64・3。
  12. ^ a b アポロドーロス、2巻7・8。
  13. ^ アポロドーロス、2巻5・5。
  14. ^ パウサニアース、5巻1・10。
  15. ^ 『イーリアス』2巻624行。
  16. ^ パウサニアース、5巻3・3。
  17. ^ 『イーリアス』11巻740行。
  18. ^ パルテニオス、13話”. ToposText. 2022年6月21日閲覧。

参考文献編集