メインメニューを開く
プレウローンの古代劇場跡。

プレウローン古希: Πλευρών, Pleurōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してプレウロンとも表記される。アイトーリア地方の王アイトーロスとポルバスの娘プロノエーとの子で、カリュドーンと兄弟。ドーロスの娘クサンティッペーを妻とし、息子アゲーノールと娘たちステロペーストラトニーケー、ラーオポンテーをもうけた[1]。一説によると、プレウローンはクーレースとカリュドーンの父とされる[2]

プレウローンはアイトーリア地方の都市プレウローンen)の名祖とされる[1]スパルタではディオスクーロイの祖にあたるプレウローンは英雄としての祭祀を受けたとされ、ゼウス・エウアネモス(風を鎮める神ゼウス)の聖域の右手にはプレウローンの英雄廟があったと伝えられている[3]

系図編集

 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
パイオーン
 
エペイオス
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
 
カリュドーン
 
 
 
アイオリアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
エピカステー
 
 
 
 
 
 
 
プロートゲネイア
 
アレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
 
 
 
 
デーモニーケー
 
アレース
 
 
 
オクシュロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
 
 
 
 
 
 
テスティオス
 
 
エウエーノス
 
モーロス
 
ピュロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリボイア
 
オイネウス
 
アルタイアー
 
 
 
マルペーッサ
 
 
イーダース
 
レーダー
 
テュンダレオース
 
ヒュペルムネーストラー
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
ゴルゲー
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
アムピアラーオス
 
 
 


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b アポロドーロス、1巻7・7。
  2. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.221b。
  3. ^ パウサニアス、3巻13・8。

参考文献編集