メインメニューを開く

メノイケウス古希: Μενοικεύς, Menoikeús)は、ギリシア神話に登場する人物。同名の人物が2人知られているが、どちらもテーバイの人物である。名前はMenos(強さ)とOikos(家)に分解でき、「家の強さ」を意味する。

クレオーンの父編集

テーバイペンテウスの孫で、その祖父エキーオーンから連なるスパルトイの子孫[1][2][3]クレオーンイオカステーらの父であり、オイディプースにとっては祖父とも、義父とも言える。メノイケウスはクレオーンの祖父の名前であり、その子(クレオーンの父)はオスカロスという名であったとする説もある。

クレオーンの子編集

クレオーンの子であり、上記の人物の孫。祖父にちなんで名付けられた[4]ヒューギヌススタティウスによれば、エテオクレースの治世下、七将によるテーバイ攻めが行なわれたころに、クレオーンの息子が城壁から身を投げて自殺した。テイレシアースの予言によれば、スパルトイのうち誰かがアレースへの生贄として死亡すれば、テーバイの町は解放されるだろう、といわれており、それを叶えることとなったのである。その結果、テーバイは勝利した[5][6]。この戦いについては、アイスキュロス悲劇テーバイ攻めの七将』の題材となっている。パウサニアースは2世紀にメノイケウスの墓を訪れ、「メノイケウスはポリュネイケースらがアルゴスから攻めてきた際に、デルポイの神託に従って自殺した。メノイケウスの墓には、ザクロの木が茂っている。もしその熟した実を潰したなら、その中に血の様な液体が詰まっていることが分かるだろう。このザクロの木は未だ生きている」と記している[7][8]

系図編集

アゲーノール
 
テーレパッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
ハルモニアー
 
エウローペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アタマース
 
テミストー
 
 
 
 
 
アポローン
 
キューレーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニュクテウス
 
ゼウス
 
セメレー
 
イーノー
 
 
 
 
エキーオーン
 
アガウエー
 
イリュリオス
 
アウトノエー
 
アリスタイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
ニュクテーイス
 
ディオニューソス
 
アリアドネー
 
レアルコス
 
メリケルテース
 
ペンテウス
 
 
 
 
 
 
 
アクタイオーン
 
マクリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラブダコス
 
 
 
 
 
トアース
 
スタピュロス
 
ペパレートス
 
オイノピオーン
 
オクラソス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メノイケウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーイオス
 
 
 
 
 
イオカステー
 
 
 
 
 
 
 
リキュムニオス
 
ペリメーデー
 
クレオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オイディプース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オイオーノス
 
メノイケウス
 
ヘーラクレース
 
メガラー
 
イオラーオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エテオクレース
 
ポリュネイケース
 
アルゲイアー
 
ハイモーン
 
アンティゴネー
 
イスメーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイペピレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーオダマース
 
テルサンドロス
 
デーモーナッサ
 
 
 
マイモーン
 
 
 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ アポロドーロス、2.4.5、3.5.7。
  2. ^ 『ポイニッサイ』10行。
  3. ^ ヒュギーヌス、67行。
  4. ^ 『ポイニッサイ』768行。
  5. ^ アポロドーロス、3.6.7。
  6. ^ 『ポイニッサイ』913行、930行。
  7. ^ パウサニアース、9.25.1。
  8. ^ 『テーバイド』10.756。

参考文献編集