エリバ・アダド2世

エリバ・アダド2世Erība-Adad IImSU-dIM、「アダド神はお戻りになった[訳語疑問点]」)はアッシリアの王。前1056/1055年-前1054年に在位し、『アッシリア王名表』において第94代のアッシリア王として現れる[i 1][i 2]アッシュール・ベル・カラの息子であり、その地位を受け継いだ。短期間の在位の後、おじのシャムシ・アダド4世によってその座を追われた[1]

エリバ・アダド2世
アッシリア王
在位 前1056年-前1054年

父親 アッシュール・ベル・カラ
テンプレートを表示

来歴編集

『コルサバド王名表[i 3]』(アッシリア王名表のバージョンの1つ)はエリバ・アダド2世をイラ・カブカブの息子であると誤記している。イラ・カブカブは前18世紀の王シャムシ・アダド1世の父である。2年間という短期間の治世にも関わらず、碑文断片[i 4][i 5] が複数残されている。その中で彼は自身の支配がアラム人にまで及ぶことを主張し、広範囲における凛々たる軍事遠征を列挙している。そしてティグラト・ピレセル1世(トゥクルティ・アピル・エシャラ1世)を模倣して「四方世界の王」を自身の称号とした[2]。彼はCcと呼ばれているリンム表英語版[i 6]の破損した部位に記載されていたであろう。

エリバ・アダド2世はアッシュール神の神殿é.ḫur.sağ.kur.kur.ra(大地の山の家)の内陣[3]の修復者の一人であったことが彼の碑文の1つで記念されている[i 7]。ある断片的な文学テキストには彼の治世の日付がある[i 8]。『対照王名表(The Synchronistic Kinglist)』にも彼の名前があるが、対応するバビロン王の名前は判読不能である。前後の王から判断して、おそらくこのバビロン王はシンバル・シパク英語版(シンマシュシフ)であろう。この記録はアッシリアの暗黒時代であるこの時代の時系列について全く空想的であるように見える。実際のところ、バビロン王(イシン第2王朝)アダド・アプラ・イディナ英語版が彼の同時代人であったであろう。アダド・アプラ・イディナはエリバ・アダド2世のおじシャムシ・アダド4世の政治的亡命を受け入れて保護し、その下で彼は軍備再編とクーデターを計画した。アッシュール・ベル・カラはアダド・アプラ・イディナの娘と結婚していたが、その後にアダド・アプラ・イディナが自分の孫を追放するための努力に加担したとは考え難い。よって、エリバ・アダド2世は別の王妃の子であり、アダド・アプラ・イディナはアッシリアにおける以前の政治的事件によって態度を変化させたのであろう[4]。エリバ・アダド2世の統治はシャムシ・アダド4世が「[カルドニ]アシュ英語版(バビロニア)に行った時に終わった。彼は[アッシュール・ベル・カ]ラの子エリバ・アダドを王座から追い払った[5]。」

Stelenreihe(row of stelae)にあるアッシュールの記念碑の1つ(No. 27)は彼に属するもので、簡潔に「エリバ・アダド、世界の王」と刻まれている[6]

記録編集

  1. ^ SDAS Kinglist, iii 31.
  2. ^ Nassouhi Kinglist, iv 12.
  3. ^ Khorsabad Kinglist, iii 45,
  4. ^ Clay cone fragment from Nineveh BM 123467, 6 lines.
  5. ^ Part of a clay tablet Rm-II.261 (RIMA 2 A.0.90.1), 7.
  6. ^ Eponym List VAT 11254, (KAV 21).
  7. ^ K.2693 Part of a clay tablet, with holes, 13 + 5 lines (RIMA 2 A.0.90.1).
  8. ^ Literary text, BM 98941.

脚注編集

  1. ^ P. Talon (1999). K. Radner. ed. The Prosopography of the Neo-Assyrian Empire, Volume 1, Part II: A. The Neo-Assyrian Text Corpus Project. pp. 400 
  2. ^ D. J. Wiseman (1975). “XXXI: Assyria & Babylonia 1200–1000 BC”. The Cambridge Ancient History, Volume II, Part 2, History of the Middle East and the Aegean Region, 1380–1000 BC. Cambridge University Press. p. 469 
  3. ^ A. R. George (2003). House Most High: The Temples of Ancient Mesopotamia. Eisenbrauns. pp. 101–102 
  4. ^ J. A. Brinkman (1968). A Political History of Post-Kassite Babylonia, 1158–722 B.C.. Pontificium Institutum Biblicum. p. 144 
  5. ^ Jean-Jacques Glassner (2004). Mesopotamian Chronicles. SBL. pp. 142–143 
  6. ^ P. A. Miglus (1984). “Another Look at the "Stelenreihen" in Assur”. Zeitschrift für Assyriologie und Vorderasiatische Archäologie 74: 136. 


先代:
アッシュール・ベル・カラ
アッシリア王
前1056/1055年-前1054年
次代:
シャムシ・アダド4世