エルヴェ4世・ド・ドンジー

エルヴェ4世・ド・ドンジーフランス語: Hervé IV de Donzy, 1173年 - 1222年1月22日[1])は、第5回十字軍に参加したフランスの貴族、ドンジー領主。1199年にヌヴェール女伯マティルド1世(マオー)・ド・クルトネー(ラテン帝国皇帝ピエール2世・ド・クルトネー娘)と結婚した[2]ことにより、ヌヴェール伯となった[2]

エルヴェ4世・ド・ドンジー
Hervé IV de Donzy
ヌヴェール伯
在位 1199年 - 1222年

出生 1173年
死去 1222年1月22日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国、サン=テニャン
配偶者 ヌヴェール女伯マティルド1世(マオー)・ド・クルトネー
子女 アニェス
家名 スミュール家
父親 エルヴェ3世・ド・ドンジー
母親 マティルド・ド・モンミライユ
テンプレートを表示

生涯編集

エルヴェはピエール2世・ド・クルトネーとジアン城を巡って争っていたが、ピエールをコーヌ=クール=シュル=ロワールで破り捕縛し、1199年に和解が成立した[3]。1219年のピエールの死後、エルヴェはオセールの相続をピエールの息子ナミュール侯フィリップおよびラテン皇帝ロベールと争っていたが、最終的にオセール伯およびトネール伯となった[4]。1210年にはリエルネも獲得した。

エルヴェ夫妻はニヴェルネーやドンジー周辺地域の発展に貢献した。1209年、夫妻はベラリーにカルトジオ会修道院を創設した[5]。また、エルヴェは1212年から1215年の間に、ビリー=シュル=オワジーのムサール城を修復した。1214年にはボーリューに小修道院を創設した。

1204年から1205年の間に、エルヴェはノルマンディーポワトゥートゥーレーヌでの対イングランドの戦いにおいてフランス軍に参加し[6]、1208年にはアルビジョア十字軍に参加した[7]。1214年、ブーヴィーヌの戦いにおいてはイングランド王ジョン側として参加したが[8]、後にジョン王の仲介により、エルヴェはフランス王フィリップ2世の許しを受けた[8]。1217年、イングランドのフランス侵攻に巻き込まれた[9]

1222年、エルヴェはサン=テニャンで死去した[10]。毒殺とみられている[10]

子女編集

ヌヴェール女伯マティルド1世(マオー)・ド・クルトネー(ラテン帝国皇帝ピエール2世・ド・クルトネー娘)との間に以下の子女がいる。

  • アニェス(1205年 - 1225年) - 1217年にフランス王ルイ8世の長子フィリップと結婚したが[11]、フィリップは翌年に死去した。サン=ポル伯ギー2世(シャティヨン家)と再婚[12]、娘ヨランド・ド・シャティヨンはヌヴェール伯位を継承し、ブルボン領主アルシャンボー9世と結婚した[13]

1222年にエルヴェが死去した後、1226年にマオーはフォレ伯ギーニュ4世と再婚した[13]

脚注編集

  1. ^ Bouchard 1987, p. 350.
  2. ^ a b Bouchard 1987, p. 328.
  3. ^ Perry 2013, p. 30-31.
  4. ^ Sot, Lobrichon, Depardon 2006, p. 25.
  5. ^ Branner 1961, p. 114.
  6. ^ Baldwin 1991, p. 194.
  7. ^ Marvin 2008, p. 33.
  8. ^ a b Baldwin 2002, p. 61.
  9. ^ Pollock 2015, p. 58,81.
  10. ^ a b Kupfer 2003, p. 19.
  11. ^ Evergates 2007, p. 222, 350.
  12. ^ Evergates 2007, p. 222.
  13. ^ a b Bouchard 1987, p. 342.

参考文献編集

  • Baldwin, John W. (2002). Aristocratic Life in Medieval France. Johns Hopkins University Press 
  • Baldwin, John W. (1991). The Government of Philip Augustus: Foundations of French Royal Power in the Middle Ages. University of California Press 
  • Bouchard, Constance Brittain (1987). Sword, Miter, and Cloister:Nobility and the Church in Burgundy, 980-1198. Cornell University Press 
  • Branner, Robert (1961). Burgundian Gothic architecture, Volume 3. A. Zwemmer 
  • Evergates, Theodore (2007). The Aristocracy in the County of Champagne, 1100-1300. University of Pennsylvania Press 
  • Kupfer, Marcia (2003). The Art of Healing: Painting for the Sick and the Sinner in a Medieval Town. Pennsylvania State University Press 
  • Marvin, Laurence W. (2008). The Occitan War: A Military and Political History of the Albigensian Crusade. Cambridge University Press 
  • Perry, Guy (2013). John of Brienne: King of Jerusalem, Emperor of Constantinople, c.1175–1237 
  • Pollock, M.A. (2015). Scotland, England and France After the Loss of Normandy, 1204-1296. The Boydell Press 
  • Sot, Michel; Lobrichon, Guy; Depardon, Marie-Hélène (2006). Les gestes des évêques d'Auxerre: - Volume 2. Belles lettres 
先代:
マティルド1世・ド・クルトネー
ヌヴェール伯
1199年 - 1222年
マティルド1世・ド・クルトネーと共治
次代:
マティルド1世・ド・クルトネー