メインメニューを開く
エレボン

エレボン(elevon)は飛行機の操縦に用いる動翼の一つである[1]

無尾翼機(水平尾翼を有しない航空機)において用いられる[1]補助翼: aileron)と昇降舵: elevator)の役割を兼ね備えたものであり、語自体も二つの語を組み合わせた造語である[1][2]

主翼後縁に取り付けられており、左右の動翼を同一の方向に動かすことでエレベーター(昇降舵)として、それぞれ逆の方向に動かすことでエルロン(補助翼)として機能する[1]。同時に両方(補助翼と昇降舵)の機能を使用する際は両方の方向を合成した位置に動かす[2]

エレボンの仕組み自体は、第二次世界大戦頃には既に知られており、ナチス・ドイツ全翼機ホルテン Ho229やアメリカのノースロップ N-1M[3]の動翼に採用されていた。

従来型の無尾翼デルタ機では、主翼後縁にフラップを設けられず、離着陸時の機首上げ姿勢のため、エレボンを上げ舵にすると、揚力が減少することが短所となっていた[4]ミラージュ2000では、静的安定性緩和とフライ・バイ・ワイヤを導入し、エレボンを下げ舵にしても、機首上げが可能となり、運動性が向上した[4]。また、カナードの設置もこの改善に有効であり、ミラージュミランやクフィールをはじめとした、カナード付きデルタ翼機では、失速特性の改善及び機首上げモーメントを向上がなされている[5]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 日本航空. “航空実用事典”. 2019年6月1日閲覧。
  2. ^ a b デルタダガーの開発と、そのシステム,松崎豊一,世界の傑作機 No81 コンベアF-102デルタダガー,文林堂,2000年,P18-33,ISBN 978-4893190789
  3. ^ Northrop N1M”. NATIONAL AIR AND SPACE MUSEUM. 2019年6月2日閲覧。
  4. ^ a b 世界の名機シリーズ ダッソーミラージュ2000,イカロス出版,2011年,P23,ISBN 978-4863203686
  5. ^ バイオグラフィー・オブ・ミラージュIII,浜田一穂,世界の傑作機 No70 ダッソー・ミラージュIII,文林堂,1998年,P18-29,ISBN 978-4893190673

参考文献編集

  • 「ラジコン技術」No.635(電波実験社)2005年8月号 P.152〜P.159