エレン・シュヴィールス

エレン・シュヴィールスドイツ語: Ellen Schwiers, 1930年6月11日 - 2019年4月26日[1])は、ドイツ女優

エレン・シュヴィールス
Ellen Schwiers
エレン・シュヴィールス Ellen Schwiers
生年月日 (1930-06-11) 1930年6月11日
没年月日 (2019-04-26) 2019年4月26日(88歳没)
出生地 ドイツの旗 ドイツ国シュテッティン
死没地 ドイツの旗 ドイツバイエルン州シュタルンベルク英語版
国籍 ドイツの旗 ドイツ
職業 女優
配偶者 ペーター・ヤーコプ
(1956年 - 1992年)
著名な家族 娘 カテリーナ・ヤーコプ(女優)
息子 ダニエル・ヤーコプ(俳優)
孫 ヨゼフィーネ・ヤーコプ(女優)
主な作品
ほがらかに鐘は鳴る
1900年
ビリー・ワイルダーの悲愁
テンプレートを表示

来歴編集

ヴァイマル共和政時代のシュテッティン(現在のポーランドシュチェチン)に生まれる。父も俳優で、彼女が子供の頃から移動劇団でドイツ中を巡業していた。そのため、何度も学校を転校した。終戦後、ヘッセン州マールブルクに落ち着き、演技の専門教育を受けた。その後、最初にコブレンツで舞台に立ち、その間にプロンプターも経験。

映画デビューは1949年。以降、1950年代から1960年代にかけ旧西ドイツオーストリア映画界で数々の作品に出演し活躍。ドイツ語圏以外の外国作品への出演もある。1958年に出演した旧西ドイツ映画『Helden(英雄)』(日本未公開。英語題名は『Arms and the Man』)は第31回アカデミー賞外国語映画賞にノミネート。1959年の『ほがらかに鐘は鳴る』ではインパクトのある美貌で、若い未亡人ズザンネを演じた。1970年代からは主にドイツのテレビドラマに出演しているが、1976年にはベルナルド・ベルトルッチ監督の『1900年』、1978年にはビリー・ワイルダー監督の『悲愁』に出演。また、映画・ドラマと並行しながら、エッセンザルツブルクなどで舞台公演も行った。

ドイツでは、2009年にもドラマに出演している。 ドイツ連邦共和国功労勲章を受章している。

2019年4月26日、バイエルン州シュタルンベルク英語版の自宅で死去。88歳没。

家族編集

1956年にレニ・リーフェンシュタールの元夫だった映画プロデューサーのペーター・ヤーコプ(Peter Jacob)と結婚。娘のカテリーナ・ヤーコプKaterina Jacob、1958年-)と息子のダニエル・ヤーコプDaniel Jacob)は2人とも俳優になったが、1985年、ダニエルは病気のため21歳で死去。夫ペーターとは1992年に死別。孫(カテリーナの娘)のヨゼフィーネ・ヤーコプJosephine Jacob、1981年-)も女優になった。

主な出演作品編集

  • 戦線の08/15 08/15 - Zweiter Teil (1955年)
  • 街道強盗 Banditen der Autobahn (1955年)
  • 英雄 Helden (1958年)
  • バイキング Tales of the Vikings (1959年)
  • 牝牛と兵隊 La Vache et le prisonnier (1959年)
  • グレコの復讐 No Time to Kill (1959年)
  • ほがらかに鐘は鳴る Wenn die Glocken hell erklingen (1959年) - 共演はウィーン少年合唱団
  • 拳銃のバラード Ballata per un pistolero (1967年)
  • パトロール隊出動 Polizeifunk ruft (1970年)
  • 1900年 Novecento (1976年) - キネマ旬報ベストテン第2位
  • 悲愁 Fedora (1978年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “Ellen Schwiers ist tot” (ドイツ語). Süddeutsche Zeitung. (2019年4月26日). https://www.sueddeutsche.de/kultur/ellen-schwiers-schauspielerin-1.4423397 2019年4月28日閲覧。 

外部リンク編集