オオヤマオダマキ

オオヤマオダマキ(大山苧環、学名:Aquilegia buergeriana var. oxysepala )は、キンポウゲ科オダマキ属多年草ヤマオダマキ(山苧環、学名:Aquilegia buergeriana )の変種。有毒植物

オオヤマオダマキ
Aquilegia buergeriana var. oxysepala 0806.JPG
2008年6月 福島県会津地方
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: オダマキ属 Aquilegia
: ヤマオダマキ A. buergeriana
変種 : オオヤマオダマキ
var. oxysepala
学名
Aquilegia buergeriana Siebold et Zucc. var. oxysepala (Trautv. et C.A.Mey.) Kitam.
シノニム
  • Aquilegia oxysepala Trautv. et C.A.Mey.
和名
オオヤマオダマキ(大山苧環)

特徴編集

茎は、高さ30-70cmくらいになる。根出葉は束生し、2回3出複葉で、葉柄の長さは15-25cmになり、茎の上部につく葉は1回3出複葉になる。小葉は扇形で、葉の先が2-3中裂し、裂片がさらに2-3浅裂する。花期は6-8月。花は下向きに咲き、花の径3-3.5cm、萼片は5個で狭卵形、花弁も5個で長さ1.2-2.5cmになる。花弁の基部はうしろに長く伸びてになり、内側に巻き込む。花弁は黄色、萼片と距の色は、帯青-帯紫褐色になる。果実は袋果となり、腺質の毛が密生する。

分布と生育環境編集

日本では、北海道、本州、四国、九州に、アジアでは、朝鮮、中国(北部・東北)、シベリア東部に分布し、山地の林縁や道端の草地などに自生する。

参考文献編集

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本II 離弁花類』、1982年、平凡社