オキナワウラボシ

オキナワウラボシ(沖縄裏星、学名:Phymatosorus scolopendria)は、ウラボシ科オキナワウラボシ属のシダで、常緑性の多年草である。ヌカボシクリハラン属Microsorum)やエゾデンダ属Polypodium)に分類されることもある。

オキナワウラボシ
Microsporium scolopendria Oknwub01.jpg
オキナワウラボシ(西表島)
分類
: 植物界 Plantae
: シダ植物門 Pteridophyta
: シダ綱 Pteridopsida
: ウラボシ目 Polypodiales
: ウラボシ科 Polypodiaceae
: オキナワウラボシ属 Phymatosorus
: オキナワウラボシ P. scolopendria
学名
Polypodium scolopendria
(Burm. f.) Pic. Serm.
シノニム
  • Microsporium scolopendria (Burm. f.) Copel.
  • Phymatodes scolopendria (Burm. f.) Ching
  • Polypodium scolopendria
英名
maile-scented fern
wart fern

特徴編集

大きく裂けた葉をつけるシダである。熱帯地方で乾いた岩の上にも出現し、道端で見かけることも多い。大抵のシダ類が日陰に生えるのに対して、この種は道端の岩の上などでも見かけ、かなり目立つ植物である。

根茎は堅くて濃い色をしており、長く横に這って多くの葉をつける。

葉はほとんど立ち上がる。葉柄は長さ約50cm、褐色を帯びる。葉身は長さ40cmにも達し、やや厚くて堅く、バリバリとした手触り。葉は楕円形の単葉から、大きくなると次第に基部の方から横に大きな突起が出て、よく育ったものは10対足らずの裂片を左右に突き出す。

胞子嚢群は円形、裂片の縁と主脈の間におよそ二列に並ぶ。

生育地と分布編集

主として岩の上に着生する。やや乾燥した森林内から日なたにまで出現し、かんかん照りの道端でも見かける。沖縄県では隆起サンゴ礁の岩の上によく見かける。やや雑草的性格をもつ。

旧世界の熱帯に広く分布する。日本では沖縄本島以南の琉球列島小笠原諸島で見られる。ただし、変異が多く、種の区分等の問題があるらしい。国内でも小笠原産のものは沖縄のものに比べて大型になると言う。

類似種など編集

似たものは少ない。形だけならイワヒトデなどもやや似るが、いずれにせよ、日向の岩の上に出てくるものでは日本に他に似たものがない。

参考文献編集