メインメニューを開く

オットー・ショルデラー

オットー・ショルデラー(Franz Otto Scholderer、1834年1月25日 - 1902年1月22日)はドイツの画家である。

オットー・ショルデラー
Otto Scholderer
Otto Scholderer Selbstbildnis mit Malutensilien.jpg
自画像
生誕 1834年1月25日
ドイツ,フランクフルト・アム・マイン
死没 1902年1月22日
ドイツ,フランクフルト・アム・マイン

略歴編集

 
アンリ・ファンタン=ラトゥール『バティニョールのアトリエ』1870年。絵筆を持つマネ、ポーズをとるアストリュック(右横の椅子)、マネの左後ろから右へショルデラー、ルノワール、ゾラ、メートル、バジール(長身の人物)、モネが囲んでいる[1]

フランクフルト・アム・マインで教師の息子に生まれた。フランクフルトの美術学校でベッカー(Jakob Becker)やパッサファント(Johann David Passavant)に1851年まで学んで、画家になった。画家のヴィクトル・ミューラー(Victor Müller :1829-1871)と友人となり、後に義理の兄弟となった。ミューラーからギュスターヴ・クールベの作品について教えられ、クールベに影響を受け、ミューラーの勧めで、1857年から1858年にかけ、パリへ修行に出た。パリではアンリ・ファンタン=ラトゥールエドゥアール・マネと友人になり、影響を受けた。ファンタン=ラトゥールの作品『バティニョールのアトリエ』にショルデラーはマネ、ルノワールらとともに描かれた。

1858年からは、多くの芸術家が集まった、フランクフルト近くの別荘地、クローンベルク・イム・タウヌスに住むようになり、アントン・ブルガーやブルニッツ(Peter Burnitz)、アイゼン(Louis Eysen)といった画家と活動した。1866年にはデュッセルドルフに移り、ダーレン(Reiner Dahlen)、ロート(Philipp Röth)といった画家と友人になり、ハンス・トーマとも知り合い[2]、トーマと1868年にパリを訪れ、普仏戦争が始まる少し前に、ドイツに戻った。ドイツに戻った後、ミュンヘンで、ヴィルヘルム・ライブルのグループで活動した。1871年にロンドンに渡り、1899年までロンドンで働き、その後フランクフルトに戻り、フランクフルトで亡くなった。

人物画や静物画を得意とした。

作品編集

脚注編集

  1. ^ 島田 (2009: 23)
  2. ^ Otto Scholderer 1834–1902. Die neue Wirklichkeit des Malerischen. Zum 100. Todestag. Haus Giersch, Museum Regionaler Kunst, 7. April bis 4. August 2002, Frankfurt am Main 2002, S. 65

参考文献編集

  • Jutta M. Bagdahn: Otto Franz Scholderer: 1834–1902. Monographie und Werkverzeichnis. Freiburg 2002 (online).
  • Friedrich Herbst: Otto Scholderer 1834–1902. Ein Beitrag zur Künstler- und Kunstgeschichte des 19. Jahrhunderts. Diesterweg, Frankfurt am Main 1934.
  • Dieter Rebentisch (Hrsg.): Kunst und Künstler in Frankfurt/M. im 19. und 20. Jahrhundert. Kramer, Frankfurt am Main 2003, ISBN 3-7829-0545-8.
  • Heinrich Weizsäcker (Hrsg.): Kunst und Künstler in Frankfurt am Main im 19. Jahrhundert. Baer, Frankfurt am Main.
    • 1. Das Frankfurter Kunstleben im 19. Jahrhundert in seinen grundlegenden Zügen. 1907.
    • 2. Biographisches Lexikon der Frankfurter Künstler im 19. Jahrhundert. 1908.
  • Jutta M. Bagdahn: Scholderer, Otto. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 23, Duncker & Humblot, Berlin 2007, ISBN 978-3-428-11204-3, S. 441 (電子テキスト版).