メインメニューを開く

オテル・デ・ザンヴァリッド

オテル・デ・ザンヴァリッド: L'hôtel des Invalides)、通称アンヴァリッド: Les Invalides)は、パリ歴史的建造物の一つ、旧・軍病院廃兵院もしくは癈兵院とも書く。

オテル・デ・ザンヴァリッド
: L'hôtel des Invalides
Dôme des Invalides, Paris.jpg
アンヴァリッドの外観
情報
構造形式 バロック建築
所在地 フランスの旗 フランスパリ7区
座標 北緯48度51分18秒 東経2度18分45秒 / 北緯48.85500度 東経2.31250度 / 48.85500; 2.31250座標: 北緯48度51分18秒 東経2度18分45秒 / 北緯48.85500度 東経2.31250度 / 48.85500; 2.31250
テンプレートを表示

目次

概要編集

1671年ルイ14世傷病兵を看護する施設として計画し、リベラル・ブリュアン英語版フランス語版[1] が設計の指揮をとり1674年に最初の傷病兵たちが入った。

建築史上有名なのは附属する礼拝堂の建築である。教会大聖堂)は、"聖ルイ"と称えられるルイ9世の遺体安置のために建設された。教会の建設は1677年に始まり、後に兵士の教会とドーム教会に分かれ、ブリュアンの弟子ジュール・アルドゥアン=マンサールのもとで1706年に完成した。

オルレアン朝(1830-1848年)時代、ルイ・フィリップ国王により、ドーム教会に地下墓所が設けられ、ナポレオン・ボナパルトフランス皇帝ナポレオン1世)の柩が中央に置かれた[2]。また、それを囲むようにして、ナポレオンの親族やフランスの著名な将軍の廟が置かれている。

21世紀当初において、100人ほどの戦傷病兵や傷痍軍人が暮らしている。一部はフランス軍事博物館として公開されている。

アンヴァリッドに廟が置かれている著名人編集

見取り図編集

  ドーム教会
  サン=ルイ教会
  国立アンヴァリッド研究所
  パリ軍事事務所
  フランス解放勲章記録保管所

ギャラリー編集

  画像をクリックして拡大

脚注編集

  1. ^ サルペトリエール病院等を設計した。
  2. ^ 『パリ まっぷるマガジン 海外』 昭文社2016年、19頁。ISBN 978-4-398-28129-6

関連項目編集