オランダミミナグサ

オランダミミナグサ(和蘭耳菜草、学名: Cerastium glomeratum)は、ナデシコ科ミミナグサ属植物。小柄な一年草雑草である。ヨーロッパ原産で、外来種帰化植物)として世界中に分布している[2]

オランダミミナグサ
Cerastium glomeratum
Cerastium glomeratum
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ナデシコ科 Caryophyllaceae
: ミミナグサ属 Cerastium
: オランダミミナグサ
C. glomeratum
学名
Cerastium glomeratum
Thuill.
[1]
英名
sticky chickweed, clammy mouse-ear chickweed

形態・生態編集

全体にが生えている。は直立し、さじ[要曖昧さ回避]型の対生する。茎は上に向けて二叉分枝し、先端に集散花序をつける。花弁の先は2裂しているが、開いていることが少ない。

分布編集

ヨーロッパを原産地とする[3]北アフリカアジア(日本を含む)、オセアニア北アメリカ南アメリカに移入分布する[3]

近縁種編集

  • ミミナグサCerastium holosteoides var. hallaisanense) - 日本在来種。現在では山間部などに見られる。オランダミミナグサによく似ているが、やや花がまばらであること、葉が赤みを帯びることなどで見分けられる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Cerastium glomeratum”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年4月26日閲覧。
  2. ^ 久志博信『「山野草の名前」1000がよくわかる図鑑』主婦と生活社、2010年、17ページ、ISBN 978-4-391-13849-8
  3. ^ a b 国立環境研究所. “オランダミミナグサ”. 侵入生物データベース ―外来種/移入種/帰化動植物情報のポータルサイト―. 2013年4月26日閲覧。

参考文献編集

  • 平野隆久写真『野に咲く花』林弥栄監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、1989年、343頁。ISBN 4-635-07001-8
  • 清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七編著『日本帰化植物写真図鑑 : Plant invader 600種』全国農村教育協会、2001年、33頁。ISBN 4-88137-085-5
  • 岩槻秀明『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本 : handy & color illustrated book : 収録数550種超!』秀和システム、2006年。ISBN 4-7980-1485-0

関連項目編集

外部リンク編集