オリガ・ユーリエヴナ

オリガ・ユーリエヴナロシア語: Ольга Юрьевна、? - 1182年7月4日[注 1])はスーズダリ公ユーリー・ドルゴルーキーの娘である。スーズダリ公女、ガーリチ公妃。

1150年ガーリチ公ヤロスラフと結婚した。1173年ガーリチ公国の内紛のために、息子のウラジーミルと共にポーランド王国へ逃れた。ガーリチのボヤーレ(貴族)にはオリガ擁護に回る者もあり、その中のコンスタンチンはポーランドへ同行している。その後ルーツクトルチェスクを経て、最終的には兄弟のフセヴォロドが領有するウラジーミルに落ち着いた。死に際し、エヴフロシニヤ(エフロシニヤ)[注 2]という名でスヒマ(ru)(Схима / 修道院の苦行的戒律を受けた正教の僧[3])となった。ウラジーミルのボゴロディチンスキー教会(ru)に埋葬された。

編集

脚注編集

注釈

  1. ^ ラヴレンチー年代記』の記述[1]と年代学に関する論文[2](意訳:ロシアの年代記の年代学)を元に算出。
  2. ^ 「エヴフロシニヤ」はロシア語: Евфросинияの「転写」による。「エフロシニヤ(Ефросиния)」の異体形。
  3. ^ ヴィシェスラヴァはオリガの子ではなく、オリガの孫(ウラジーミルの子)とする説もある[5]

出典

  1. ^ ЛАВРЕНТЬЕВСКАЯ ЛЕТОПИСЬ
  2. ^ Бережков Н.Хронология русского летописания
  3. ^ 井桁貞義『コンサイス露和辞典』p1090
  4. ^ Wyrozumski J. L., Dzieje Polski piastowskiej: (VIII wiek — 1370). / Komitet red. Stanisław Grodziski. — Kraków: Fogra, 1999. — S. 153. — (Wielka historia Polski, 2)
  5. ^ Łaguna S., Rodowód Piastów. // Kwartalnik Historyczny, t. 11. — 1897. — S. 762—763

参考文献編集

  • 井桁貞義編 『コンサイス露和辞典』 三省堂、2009年。