オリンピック休戦

オリンピック休戦(オリンピックきゅうせん、: Trêve olympique: Olympic Truce)は、オリンピックパラリンピック期間中の休戦を呼びかける世界各国による国際的活動。1994年リレハンメルオリンピック以降は国際連合決議として具体化されるようになった[1][2]

概要編集

古代ギリシアでは、古代オリンピックの開催中やその前後に「エケケイリア(聖なる休戦)」と呼ばれる休戦期間があった。これに倣い1992年国際オリンピック委員会(IOC)がオリンピック休戦を提唱して1994年リレハンメルオリンピックより導入されており[3]、大会ごとにオリンピック休戦に関する国連総会決議(正式名称「スポーツとオリンピックの理想を通じた平和でより良い世界の構築」)を採択して実施されている[1][2]

慣例上、各大会の前年秋に国連総会で開催国が原提案国となって提案を行う[1]。休戦決議は定型部分と各大会独自の部分で構成される[1]

休戦期間はオリンピック開幕の7日前からパラリンピック閉幕の7日後までと設定されている[2]

決議違反編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集