メインメニューを開く

オルランド・サリドOrlando Salido1980年11月16日 - )は、メキシコプロボクサーソノラ州シウダ・オブレゴン出身。元IBF世界フェザー級王者。元WBO世界フェザー級王者。元WBO世界スーパーフェザー級王者。世界2階級制覇王者。トレーナーはサントス・モレノ。

オルランド・サリド
基本情報
本名 オルランド・サリド・リベラ
通称 Siri(シリ)
階級 スーパーフェザー級
身長 168cm
リーチ 170cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1980-11-16) 1980年11月16日(39歳)
出身地 ソノラ州シウダ・オブレゴン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 63
勝ち 44
KO勝ち 31
敗け 14
引き分け 4
無効試合 1
テンプレートを表示

来歴編集

1996年3月1日、メキシコでプロデビューし、4回TKO負けを喫した。

2004年9月18日、ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで、WBAIBF世界フェザー級スーパー王者ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)と対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2006年11月4日、ラスベガスのマンダレイ・ベイ・イベント・センターでIBF世界フェザー級王者のロバート・ゲレーロ(アメリカ)と対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[1]。しかし、試合後のドーピング検査でナンドロロンの陽性反応が出たため、試合は無効試合となり王座は空位となった[2]

2007年12月14日、エクトール・アビラ(ドミニカ)とIBF世界フェザー級挑戦者決定戦を行い、6回TKO勝ちを収めIBF王座への挑戦権獲得に成功した。

2008年10月23日、クリストバル・クルス(メキシコ)とIBF世界フェザー級王座決定戦を行い、1-2の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2010年5月15日、IBF世界フェザー級王者クリストバル・クルスと再戦し、2回に2度ダウンを奪い3-0の判定勝ちで王座を獲得した[2]

2010年9月11日、ラスベガスのパームスでWBA世界フェザー級王者ユリオルキス・ガンボアキューバ)と王座統一戦を行い、12回0-3(109-116、108-114、108-115)の判定負けを喫した[3]。サリドは前日計量をクリアするも、当日計量で12ポンドの増量がありIBF規定により王座を剥奪された。これにより試合はガンボアが勝った時のみ王座統一となる条件で行われた[4]

2011年4月16日、プエルトリコバヤモンWBO世界フェザー級王者のファン・マヌエル・ロペス(プエルトリコ)と対戦し、8回1分30秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[5]

2011年7月23日、シウダ・オブレゴンでWBO世界フェザー級12位山口賢一(ALA)と対戦し、11回TKO勝ちを収め初防衛に成功した[6]

2011年12月17日、ウェン・ハヤ(フィリピン)と対戦し、8回TKO勝ちを収めた[7]

2012年3月10日、プエルトリコ・サンフアンロベルト・クレメンテ・コロシアムで元WBO世界フェザー級王者でWBO世界フェザー級1位のファン・マヌエル・ロペスと再戦し、10回32秒TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した[8]。試合後のスコアは2-0(85-85、2者が86-84)でわずか2点差の僅差ながらサリドの優勢だった。一方ロペスは「レフェリーはこの試合で賭けをしていたので試合をストップした」とレフェリーのストップに文句を言ったため罰金2000ドルと社会奉仕活動100時間の処分を課せられた。

2012年7月28日、モイセス・グティエレス(チリ)と対戦し、3回KO勝ちを収めた[9]

2013年1月19日、ニューヨークフールー・シアターで、WBO世界フェザー級1位のミゲル・アンヘル・ガルシアと対戦し、8回にサリドのバッティングでガルシアが鼻を骨折し試合終了。8回0-3(70-79、2者が69-79)の負傷判定負けを喫し3度目の防衛に失敗、王座から陥落した[10]

2013年10月12日、ラスベガストーマス&マック・センターファン・マヌエル・マルケスティモシー・ブラッドリーの前座でWBO世界フェザー級2位のオルランド・クルスとWBO世界フェザー級王座決定戦を行い、7回1分5秒TKO勝ちを収め9か月振りとなる王座返り咲きに成功した[11]

2014年3月1日、テキサス州サンアントニオアラモドームにてフリオ・セサール・チャベス・ジュニア対ブライアン・ベラの前座で、オリンピック金メダリストでWBO世界フェザー級6位のワシル・ロマチェンコと対戦したが、前日計量でフェザー級の規定体重である126ポンドを2.25ポンド超過の128.25ポンドを計測し再計量も拒否した為、体重超過で王座を剥奪された[12]。ロマチェンコが勝った場合のみ王座獲得となる条件で試合が行われ、サリドが12回2-1(116-112、115-113、113-115)の判定勝ちを収めたため王座は空位となった[13]

2014年9月20日、バハ・カリフォルニア州ティフアナアウディトリオ・ムニシパル・ファウスト・グティエレス・モレノでWBO世界スーパーフェザー級3位のターサク・ゴーキャットジムとWBO世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦を行い、11回16秒KO勝ちを収め2階級制覇を達成した[14]

2014年10月15日、正規王者のミゲル・アンヘル・ガルシアの王座返上に伴いW正規王座に認定された[15][16]

2015年4月11日、プエルトリコ・サンフアンコリセオ・デ・プエルトリコ・ホセ・ミゲル・アグレロットで元WBO世界スーパーフェザー級王者でWBO世界スーパーフェザー級13位のローマン・マルチネスと対戦し、12回0-3(111-114、110-115、109-116)の判定負けを喫し初防衛に失敗、王座から陥落した[17]

2015年9月12日、MGMグランド・ガーデン・アリーナにてフロイド・メイウェザー・ジュニアVSアンドレ・ベルトの前座でWBO世界スーパーフェザー級王者ローマン・マルチネスとダイレクトリマッチで再戦し、12回1-1(115-113、113-115、114-114)の判定で引き分けたため5ヵ月振りとなる王座返り咲きに失敗した。

2016年2月20日、WBO世界スーパーフェザー級王者ローマン・マルチネスと3度目の対戦を行う予定だったが直前になって中止になった。

2016年6月4日、ロサンゼルススタブハブ・センター・テニスコートWBC世界スーパーフェザー級王者のフランシスコ・バルガスと対戦し、12回0-1(113-115、2者が114-114)の判定で引き分けたためWBOに続くに王座獲得とはならなかった[18][19]

2017年1月17日、リングマガジンは2016年度のリングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤーに選出した[20][21]

2017年5月27日、シウダ・オブレゴンでアリスティディス・ペレスと再起戦を行い、8回10秒KO勝ちを収め再起した[22][23]

2017年12月9日、マンダレイ・ベイ・イベント・センターミゲル・ローマンとスーパーフェザー級10回戦となるWBC世界スーパーフェザー級挑戦者決定戦を行い、9回1分43秒TKO負けを喫した[24]。試合後、サリドは現役引退を表明した[25][26]

2017年12月13日、引退表明を撤回した。スーパーフェザー級かライト級での再起を目標にした事を明かした[27][28]

2017年12月31日、メキシコの酒場で酒に酔って喧嘩をしたとして逮捕された[29]

2018年5月16日、地元のコンビニエンスストアで缶ビール16本を盗んだとして逮捕された[30]

2018年7月、ソノラ州の議員に当選した[31]

戦績編集

  • アマチュアボクシング:16戦 16勝 無敗
  • プロボクシング:63戦 44勝 (31KO) 14敗 4分 1無効試合
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1996年3月1日 4R TKO イヴァン・カサレス   メキシコ プロデビュー戦
2 1996年8月17日 2R TKO ヘスス・オソリオ   メキシコ
3 1996年9月2日 4R 判定3-0 フリオ・アルベルト・レアル   メキシコ
4 1996年9月20日 4R 判定3-0 リカルド・メディナ   メキシコ
5 1996年10月4日 8R 判定3-0 ベンチュラ・メンディビル   メキシコ
6 1996年11月22日 6R 判定0-3 イヴァン・カサレス   メキシコ
7 1997年1月31日 3R TKO エクトール・グスマン   メキシコ
8 1997年4月18日 6R KO リカルド・メディナ   メキシコ
9 1997年6月27日 10R 判定 ラサロ・パディーヤ   メキシコ
10 1997年8月29日 5R TKO アーネスト・メディナ   メキシコ ソノラ州スーパーバンタム級王座決定戦
11 1997年11月12日 8R TKO ダニエル・ロドリゲス   メキシコ
12 1998年2月13日 7R KO ホセ・ルイス・モンテス   メキシコ
13 1998年10月9日 10R 判定3-0 ラモン・アラゴン   メキシコ
14 2000年2月18日 3R KO リカルド・ラミレス   メキシコ
15 2000年3月31日 4R KO イヴァン・ヴァーリ   メキシコ
16 2000年7月14日 4R KO イヴァン・フェリシアーノ   メキシコ
17 2000年9月16日 9R TKO ルーベン・エスタニスラオ   メキシコ
18 2000年10月27日 5R KO ビクトール・マヌエル・メンドーサ   メキシコ
19 2001年3月23日 6R 判定0-3 ウィリアム・アベリアン   アルメニア
20 2001年5月18日 8R 判定1-1 マーク・バース   アメリカ合衆国
21 2001年6月15日 5R 1:38 TKO ダスティン・キム   アメリカ合衆国
22 2001年7月18日 1R 2:59 TKO マイケル・ジェイミソン   アメリカ合衆国
23 2001年11月23日 8R 判定2-1 レジリオ・ツール   オランダ
24 2001年12月2日 10R 判定0-2 アレハンドロ・ゴンサレス   メキシコ
25 2002年3月22日 10R 判定3-0 ラモント・ピアソン   アメリカ合衆国
26 2002年3月26日 7R KO ファン・ルイス   メキシコ
27 2002年9月6日 10R 判定2-0 カルロス・ゲレーナ   プエルトリコ
28 2002年12月6日 4R 2:53 TKO ホルヘ・モンソン   メキシコ
29 2003年2月22日 4R 2:12 KO アルマンド・コルドバ   パナマ
30 2003年5月30日 2R 2:16 TKO ラドフォード・ビーズリー   アメリカ合衆国
31 2003年7月11日 3R 2:35 TKO フレッド・ニール   アメリカ合衆国
32 2003年10月31日 10R 判定3-0 アルフレッド・コティ   ガーナ
33 2004年4月2日 4R KO オマール・アドルノ   プエルトリコ
34 2004年9月18日 12R 判定0-3 ファン・マヌエル・マルケス   メキシコ WBAIBF世界フェザー級タイトルマッチ
35 2005年5月6日 10R 判定3-0 セサール・ソト   メキシコ
36 2005年10月15日 1R TKO レオナルド・バルテス   メキシコ
37 2006年3月18日 5R 3:00 TKO ロジャース・ムタグワ   タンザニア IBF世界フェザー級挑戦者決定戦
38 2006年8月19日 1R TKO フランナー・トリニダード   メキシコ
39 2006年11月4日 12R ND ロバート・ゲレーロ   アメリカ合衆国 IBF世界フェザー級タイトルマッチ
40 2007年7月14日 2R TKO ロビンソン・カスティジャノス   メキシコ
41 2007年9月14日 8R 判定3-0 マーティ・ロビンス   アメリカ合衆国
42 2007年12月14日 6R 1:57 TKO エクトール・アビラ   ドミニカ共和国 IBF世界フェザー級挑戦者決定戦
43 2008年4月26日 4R 2:39 TKO レナン・アコスタ   パナマ
44 2008年6月13日 6R 失格 アーネスト・アボイト   メキシコ
45 2008年10月23日 12R 判定1-2 クリストバル・クルス   メキシコ IBF世界フェザー級王座決定戦
46 2009年6月20日 3R TKO レオナルド・レサンディス   メキシコ
47 2009年7月31日 5R KO ビクトール・ロドリゲス   メキシコ
48 2010年5月15日 12R 判定3-0 クリストバル・クルス   メキシコ IBF世界フェザー級タイトルマッチ
49 2010年9月11日 12R 判定0-3 ユリオルキス・ガンボア   キューバ WBA・IBF世界フェザー級王座統一戦/体重超過により王座剥奪
50 2011年4月16日 8R 1:30 TKO ファン・マヌエル・ロペス   プエルトリコ WBO世界フェザー級タイトルマッチ
51 2011年7月23日 11R 2:50 TKO 山口賢一   日本 WBO防衛1
52 2011年12月17日 8R 0:35 TKO ウェング・ハヤ   フィリピン
53 2012年3月10日 10R 0:32 TKO ファン・マヌエル・ロペス   プエルトリコ WBO防衛2
54 2012年7月28日 3R 2:49 KO モイセス・グティエレス   チリ
55 2013年1月19日 8R 負傷判定0-3 ミゲル・アンヘル・ガルシア   アメリカ合衆国 WBO王座陥落
56 2013年10月12日 7R 1:05 TKO オルランド・クルス   プエルトリコ WBO世界フェザー級王座決定戦
57 2014年3月1日 12R 判定2-1 ワシル・ロマチェンコ   ウクライナ 体重超過により王座剥奪
58 2014年9月20日 11R 0:16 TKO ターサク・ゴーキャットジム   タイ WBO世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦→正規王座認定
59 2015年4月11日 12R 判定0-3 ローマン・マルチネス   プエルトリコ WBO王座陥落
60 2015年9月12日 12R 判定1-1 ローマン・マルチネス   プエルトリコ WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
61 2016年6月4日 12R 判定0-1 フランシスコ・バルガス   メキシコ WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
62 2017年5月27日 8R 0:10 KO アリスティディス・ペレス   コロンビア
63 2017年12月9日 9R 1:43 TKO ミゲル・ローマン   メキシコ
テンプレート

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ サリド 3-0の判定でタイトルを奪取 - 米国 AFPBB News 2006年11月5日
  2. ^ a b サリド、クルスを攻略 IBFフェザー級 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年5月16日
  3. ^ ダウン応酬 ガンボア判定勝ちで王座統一 A&Fフェザー級 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年9月12日
  4. ^ 計量後食べ過ぎて王座剥奪!! IBFのサリド ボクシングニュース「Box-on!」 2010年9月12日
  5. ^ ショック!フアンマ・ロペスTKOで落城 WBOフェザー級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年4月17日
  6. ^ 山口11回TKO負け WBOフェザー級戦=詳報 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年7月24日
  7. ^ サリド命拾い 2度倒され逆転KO勝利 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年12月19日
  8. ^ 激闘再び サリドがフアンマを返り討ちに ボクシングニュース「Box-on!」 2012年3月13日
  9. ^ サリド無冠戦登場 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年7月30日
  10. ^ マイキー・ガルシア負傷判定勝ち サリドを4度倒す ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月20日
  11. ^ サリド、クルスをKO 王者に復帰 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月13日
  12. ^ サリド体重超過、ロマチェンコ記録達成に追い風? Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月1日
  13. ^ ロマチェンコの世界記録ならず 2戦目奪取失敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月2日
  14. ^ ダウン応酬7度! サリドがターサクを11回KO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月21日
  15. ^ Orlando Salido made WBO 130-pound titleholder, Garcia moves up”. THE RING (2014年10月15日). 2014年10月16日閲覧。
  16. ^ マイキー王座返上、サリドが正規王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月16日
  17. ^ マルティネス王座に復帰、サリドに3-0勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月12日
  18. ^ Francisco Vargas to defend 130-pound title vs. Orlando Salido ESPN.com 2016年3月4日
  19. ^ バルガスがドロー防衛、サリドとの激闘決着つかず Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月5日
  20. ^ CARL FRAMPTON NAMED 2016 RING MAGAZINE FIGHTER OF THE YEAR The Ring 2017年1月17日
  21. ^ リング誌が年間表彰発表、MVPはフランプトン Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月18日
  22. ^ Orlando Salido venció a Arístides Pérez y ya espera combate con Vasyl Lomachenko Univision Deportes 2017年5月28日
  23. ^ サリド8回ストップ勝ち、序盤のダウンを挽回 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月28日
  24. ^ Roman stops Salido in nine, Salido retires Fightnews.com 2017年12月10日
  25. ^ Salido: I’m just an old fighter now Fightnews.com 2017年12月10日
  26. ^ 田中恒成がWBCフライ級4位に、サリド引退表明 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月12日
  27. ^ Salido decides to continue boxing in 2018 Fightnews.com 2017年12月13日
  28. ^ 藤岡奈穂子がWBO王座返上、サリド引退宣言撤回 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月14日
  29. ^ Orlando Salido Arrested After Drunken Bar Scuffle”. Boxing Scene.com (2018年1月1日). 2018年3月20日閲覧。
  30. ^ Orlando Salido Arrested, Alleged To Have Stolen 16 Cans of Beer”. Boxing Scene.com (2018年5月16日). 2018年6月26日閲覧。
  31. ^ Former titleholder Orlando Salido wins state legislature seat in Mexico”. ESPN.com (2018年7月8日). 2018年7月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
クリストバル・クルス
IBF世界フェザー級王者

2010年5月15日 - 2010年9月11日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ユリオルキス・ガンボア
前王者
ファン・マヌエル・ロペス
WBO世界フェザー級王者

2011年4月16日 - 2013年1月19日

次王者
ミゲル・アンヘル・ガルシア
空位
前タイトル保持者
ミゲル・アンヘル・ガルシア
WBO世界フェザー級王者

2013年10月12日 - 2014年2月28日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ワシル・ロマチェンコ
暫定王座決定戦 対戦者
ターサク・ゴーキャットジム
WBO世界スーパーフェザー級暫定王者
2014年9月20日 - 2014年10月15日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
ミゲル・アンヘル・ガルシア
WBO世界スーパーフェザー級王者

2014年10月15日 - 2015年4月11日

次王者
ローマン・マルチネス