メインメニューを開く

オレグ・グリゴリイェヴィチ・マカロフ (ロシア語: Оле́г Григо́рьевич Мака́ров1933年1月6日 - 2003年5月28日)はソビエト連邦宇宙飛行士

Oleg Grigoryevich Makarov
宇宙飛行士
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
生誕 1933年1月6日
ウドムリャ
死没 2003年5月28日(2003-05-28)(70歳)
モスクワ
他の職業 エンジニア
宇宙滞在期間 20日17時間20分
選抜試験 Civilian Specialist Group 3
ミッション ソユーズ12号, ソユーズ18a号, ソユーズ27号, ソユーズ26号, ソユーズT-3

略歴編集

ソ連トヴェリ州ウドムリャに生まれる。バウマンモスクワ高等技術学校を1957年に卒業し、第1設計局(現:RSC エネルギア)でエンジニアとして勤務し、ボストーク宇宙船に関わる。1966年宇宙飛行士の訓練に選ばれる。

当初はソ連の月計画に従事し、月周回飛行に向けてアレクセイ・レオーノフと共に訓練を受けていた。しかしアポロ8号の成功を受けて、このフライト計画は中止される。

1973年、ソユーズ12号にて初飛行を果たす。2度目の飛行はソユーズ18a号だが、故障により打上げから21分後アルタイ山脈に緊急着陸している。ソユーズ27号で宇宙ステーションサリュート6号に滞在し、5日後ソユーズ26号で地球に帰還。彼の最後のミッションはソユーズT-3だった。宇宙滞在時間は合計で20日17時間44分。また彼はソユーズ17号およびソユーズT-2のバックアップ要員だった。

ソユーズT-3による最後の飛行後エネルギアで働き、ミール宇宙ステーションやエネルギア-ブラン開発に関わっている。

ソ連邦英雄を2回、レーニン勲章を4回受章。

2003年心筋梗塞によりモスクワで死去。