メインメニューを開く

劇団カクスコ(げきだんカクスコ)は、かつて存在した日本の演劇ユニットである。


目次

概要編集

「劇団GAYA」所属俳優により、劇団GAYA解散後の1987年に結成され、主に新宿THEATER/TOPS紀伊國屋ホール、大阪近鉄アート館などで年約2回のペースで公演を行っていた。後期にはTHEATER/TOPSでの新作公演期間は1ヶ月を超え、1998年に第33回紀伊國屋演劇賞を受賞。NHK BS-2や日本テレビ「劇場中継」[1]などで公演が放送されるなど、一定のファン層と評価を得ていたが、2002年1月20日をもって解散した。

築50年以上の古いアパート「サツキ荘」や、「古道具屋朝日堂」などの小さな仕事場を舞台に、男ばかり6人[2]の息の合った掛け合いが魅力であった。この掛け合いはアドリブは一切無しの、「間とテンポ」を重視したものであることが特徴である。簡単な筋はあるものの、ストーリー性は特に重視されない。

作品は変わってもメンバーの演じる役どころはほぼ一定であり、ある作品で演じられたシチュエーションが多少手を加えられて後の作品に再登場することもあった。特に彼らの最終公演となる「今日までどうもありがとう」は、「廊下は静かに!」「空き室あり!」をミックスさせたストーリーをベースに、他の作品のシーンを繋ぎあわせたリミックス作品である。

また、登場人物たちは必ず「唄うことが好きである」という設定である。2~3曲のアカペラを唄うシーン、中村育二がギターを、井之上隆志がパーカッション(ボンゴなど楽器を使うこともあるが、大抵はそのあたりにある楽器ではない何かを叩いている)を演奏しながらフォークソングを唄うシーンが各公演に必ず設けられていた。公演の他に、独立したアカペラライブを行い、数枚のCDをリリースしている。

活動期間中、「ラブジェネレーション」や「二千年の恋」など、6人揃ってテレビドラマに出演することもあった。特に「ラブジェネレーション」では、アカペラを披露するシーンもあるなど、彼らの舞台上での持ち味をそのまま生かした出演であった。

所属していた俳優編集

主な作品編集

  • 年中無休!(1992年初演、後にビデオ・DVD化)
  • 廊下は静かに!(1993年初演、後にDVD化)
  • 空き室あり!(1995年初演)
  • じゃあ、明後日!(1996年初演、後にDVD化)
  • 正月どうすんの?(1997年)
  • 今日までどうもありがとう(2001年、最終公演)

脚注編集

  1. ^ [1]参照
  2. ^ 1994年の「春はどこから」(東京芸術劇場)のみ、客演として女性が参加している

外部リンク編集