カサノリAcetabularia ryukyuensis)は、緑藻植物門アオサ藻綱に属する海藻の一種。

カサノリ
Acetabularia ryukyuensis.JPG
カサノリ
保全状況評価
準絶滅危惧環境省レッドリスト
Status jenv NT.png
分類
: 植物界 Plantae もしくは
アーケプラスチダ Archaeplastida
: 緑藻植物門 Chlorophyta
: アオサ藻綱 Ulvophyceae
: カサノリ目 Dasycladales
: カサノリ科 Polyphysaceae
: カサノリ属 Acetabularia
: カサノリ A. ryukyuensis
学名
Acetabularia ryukyuensis
Okamura et Yamada

形態編集

 
カサノリの標本(国立科学博物館の展示)

カサノリは、約1cmの円錐状のかさと、長さが最大10㎝になる柄をもつ巨大な単細胞性の緑藻類である[1]。かさの大きさは夏季より冬季のほうが大型になり、胞子枝数も冬季のほうが多くなる[2]

分布編集

奄美大島八重山諸島に分布する日本固有種である[3]

近縁種のホソエガサと混生していることもある[2]

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 堤敏郎、香村眞徳「カサノリ(Acetabularia ryukyuensis) の沖縄本島における生育分布と生態について」
  2. ^ a b 堤敏郎、香村眞徳「カサノリ(Acetabularia ryukyuensis) の沖縄本島における生育分布と生態について (第3報)」
  3. ^ I-NET Vol.24 pp.6-7 [1]