カシオペヤTZ星(TZ Cassiopeaie、TZ Cas)は、太陽から約7800光年離れたところにある 赤色超巨星。半径は太陽の800倍あり、光度は太陽の約98,000倍あるとされている。この恒星はカシオペヤ座に位置しており、8.86等と10.5等の間を変光するLC型の脈動変光星でもある[9][10]変光星総合カタログではこの星はLC型の代表星とされている[11]

カシオペヤTZ星
TZ Cassiopeaie
星座 カシオペヤ座
視等級 (V) 9.18[1]
(+8.86 - +10.5[2])
変光星型 LC[2]
分類 赤色超巨星
位置
元期:J2000
赤経 (RA, α) 23h 52m 56.23733s[3]
赤緯 (Dec, δ) 61° 00′ 08.3786″[3]
赤方偏移 -0.000181 ± 0.00005[4]
視線速度 (Rv) −54.28 km/s[5]
固有運動 (μ) 赤経:−2.77 ミリ秒/年[3]
赤緯: −3.10ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 0.4074 ± 0.0590ミリ秒[4]
(誤差14.5%)
距離 約7,800 光年
(2,400 パーセク[6])
絶対等級 (MV) -5.98[7]
物理的性質
半径 645[8]- 800 R[7]
表面重力 -0.01[8](log g)
スペクトル分類 M3Iab[2]
光度 69000[8]- 98,000 L[7]
表面温度 3,600[7]- 3670[8]K
色指数 (B-V) +2.57[1]
色指数 (U-B) +2.43[1]
別名称
別名称
BD+60°2634, HIP 117763, 2MASS J23525623+6100083, SAO 20192, TYC 4281-2517-1, AAVSO 2348+60[4]
Template (ノート 解説) ■Project

概要編集

カシオペヤ座TZ星は1911年にウィリアミーナ・フレミングによって変光星であることが報告され、彼女の死後に公表された[12]。カシオペヤ座TZ星の変光周期はかなり遅く、3100日(約8.5年)である[13]。光度は太陽の6万倍にも及び、半径も太陽の645から800倍ある。この恒星はCas OB5というOBアソシエーションを構成しており、赤色超巨星のカシオペヤ座PZ星などが他にある[14]

カシオペヤ座TZ星の初期の質量は恒星進化論から考えて15Mと考えられている[8]

カシオペヤ座TZ星は強烈な恒星風により毎年200Mほどの質量を失っている[6]。しかし、恒星風が大気の損失を及ぼすのかははっきりしていない。また、カシオペヤ座TZ星は中心核が核融合をし尽くす、あるいは超新星爆発により崩壊する前に青色超巨星になると思われている。たとえ青色超巨星やウォルフ・ライエ星になったとしても最終的には核が崩壊し、激しい超新星爆発により終わりを迎えると思われている[15]

脚注編集

  1. ^ a b c Ducati, J. R. (2002). “VizieR Online Data Catalog: Catalogue of Stellar Photometry in Johnson's 11-color system”. CDS/ADC Collection of Electronic Catalogues 2237. Bibcode2002yCat.2237....0D. 
  2. ^ a b c Percy, J. R.; Terziev, E. (2011). “Studies of "Irregularity" in Pulsating Red Giants. III. Many More Stars, an Overview, and Some Conclusions”. The Journal of the American Association of Variable Star Observers 39: 1. Bibcode2011JAVSO..39....1P. 
  3. ^ a b c d Van Leeuwen, F. (2007). “Validation of the new Hipparcos reduction”. Astronomy and Astrophysics 474 (2): 653. Bibcode2007A&A...474..653V. doi:10.1051/0004-6361:20078357. 
  4. ^ a b c V* TZ Cas -- Red supergiant star”. Université de Strasbourg/CNRS. 2019年12月10日閲覧。
  5. ^ Famaey, B.; Jorissen, A.; Luri, X.; Mayor, M.; Udry, S.; Dejonghe, H.; Turon, C. (2005). “Local kinematics of K and M giants from CORAVEL/Hipparcos/Tycho-2 data. Revisiting the concept of superclusters”. Astronomy and Astrophysics 430: 165. Bibcode2005A&A...430..165F. doi:10.1051/0004-6361:20041272. 
  6. ^ a b Mauron, Nicolas; Josselin, Eric (2010). “The mass-loss rates of red supergiants and the de Jager prescription”. Astronomy & Astrophysics 526: A156. arXiv:1010.5369v1. doi:10.1051/0004-6361/201013993. 
  7. ^ a b c d Levesque, E. M.; Massey, P.; Olsen, K. A. G.; Plez, B.; Josselin, E.; Maeder, A.; Meynet, G. (2005). “The Effective Temperature Scale of Galactic Red Supergiants: Cool, but Not as Cool as We Thought”. The Astrophysical Journal 628 (2): 973. arXiv:astro-ph/0504337. Bibcode2005ApJ...628..973L. doi:10.1086/430901. 
  8. ^ a b c d e Josselin, E.; Plez, B. (2007). “Atmospheric dynamics and the mass loss process in red supergiant stars”. Astronomy and Astrophysics 469 (2): 671. arXiv:0705.0266. Bibcode2007A&A...469..671J. doi:10.1051/0004-6361:20066353. 
  9. ^ GCVS Query = TZ Cas”. ロシア科学アカデミー. 2019年12月10日閲覧。
  10. ^ VSX : Detail for TZ Cas”. アメリカ変光星観測者協会. 2019年12月10日閲覧。
  11. ^ GCVS Variability Types and Distribution Statistics of Designated Variable Stars According to their Types of Variability”. ロシア科学アカデミー. 2019年12月10日閲覧。
  12. ^ Fleming, Williamina; Pickering, Edward C. (1911). “Stars Having Peculiar Spectra. 31 New Variable Stars”. Harvard College Observatory Circular 167: 1. Bibcode1911HarCi.167....1F. 
  13. ^ Kiss, L. L.; Szabó, G. M.; Bedding, T. R. (2006). “Variability in red supergiant stars: Pulsations, long secondary periods and convection noise”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 372 (4): 1721. arXiv:astro-ph/0608438. Bibcode2006MNRAS.372.1721K. doi:10.1111/j.1365-2966.2006.10973.x. 
  14. ^ Humphreys, R. M. (1978). “Studies of luminous stars in nearby galaxies. I. Supergiants and O stars in the Milky Way”. Astrophysical Journal 38: 309. Bibcode1978ApJS...38..309H. doi:10.1086/190559. 
  15. ^ Meynet, G.; Chomienne, V.; Ekström, S.; Georgy, C.; Granada, A.; Groh, J.; Maeder, A.; Eggenberger, P. et al. (2015). “Impact of mass-loss on the evolution and pre-supernova properties of red supergiants”. Astronomy & Astrophysics 575: A60. arXiv:1410.8721. Bibcode2015A&A...575A..60M. doi:10.1051/0004-6361/201424671. 

関連項目編集