メインメニューを開く

カタメニアCatamenia)は、フィンランドメロディックブラックメタルバンドである。デビュー当時から一貫してマサカー・レコードと契約している。キーボーディストが在籍していた時期は、シンフォニックブラックメタルとされる場合もあった。

カタメニア
Catamenia
出身地  フィンランド オウル州
北ポフヤンマー県 オウル
ジャンル メロディックブラックメタル
メロディックデスメタル
シンフォニックブラックメタル
活動期間 1995年 -
レーベル マサカー・レコード
スピリチュアル・ビースト
公式サイト www.catamenia.net
メンバー リク・ホピアコスキー (リードギターバックボーカル)
ミッコ・ヘポ=オヤ (ベース、バックボーカル)
サウリ・ヤウヒアイネン (ギター)
トニ・クヴィック (ドラム・クリーンボーカル)
ユハ=マッティ・ペルットゥネン (ボーカル)
ユッシ・サウヴォラ (キーボード)
旧メンバー ミカ・テニング (ボーカル)
オッリ=ユッカ・ムストネン (ボーカル)
アリ・ニッシラ (スクリーミング・ボーカル)
サンポ・ウッコラ (リズムギター)
ティモ・レフティネン (ベース)
トニ・カンサノヤ (ベース・バックボーカル)
ヘイディ・リイヒネン (キーボード)
テロ・ネヴァラ (キーボード)
トニ・テルヴォ (ドラム)
シル・ルッティネン (ドラム)
ヴェイッコ・ユミスコ (ドラム)
ミッコ・ネヴァンラフティ (ドラム)
カリ・ヴァハクオプス (クリーンボーカル・リズムギター)

8thアルバムまでは、ジャケットに、毎回の絵が描かれており、このバンドの特徴であったが、9thアルバム『Cavalcade』では、ジャケットに狼の絵が描かれなかった。その次にリリースされたセルフカバーコンピレーション・アルバム『The Rewritten Chapters』で狼の絵が復活した。

目次

略歴編集

1995年に、ミカ・テニング (Vo)とリク・ホピアコスキー (Lead G)の2名を中心に結成。2枚のデモをリリースした後、2枚目のデモ『Winds』がきっかけとなって、マサカー・レコードと契約。この時のメンバーは、ミカ・テニング (Vo)、リク・ホピアコスキー (Lead G)、サンポ・ウッコラ (Rhythm G)、ティモ・レフティネン (B)、トニ・テルヴォ (Ds)、ヘイディ・リイヒネン (Key)であった。

1998年に、1stアルバム『Halls of Frozen North』をリリースし、デビューする。翌1999年に2ndアルバム『Morning Crimson』をリリース。その後、サンポ・ウッコラとトニ・テルヴォが脱退し、アリ・ニッシラ (Rhythm G)とシル・ルッティネン (Ds)が加入した。

2000年に、3rdアルバム『Eternal Winter's Prophecy』リリースするも、シル・ルッティネンとヘイディ・リイヒネンが脱退したため、キーボードは、リク・ホピアコスキーが兼任した。ヤンネ・クスミンをセッションドラマーとして、2002年に4thアルバム『Eskhata』をリリース。リリース後、空席だったドラマー、キーボーディストとして、ヴェイッコ・ユミスコ (Ds)、テロ・ネヴァラ (Key)が加入した。2003年に5thアルバム『Chaos Born』をリリース。リリース後、オリジナルメンバーのミカ・テニングとティモ・レフティネンが脱退し、オッリ=ユッカ・ムストネン (Vo)とミッコ・ヘポ=オヤ (B)が加入。

2005年に6th『Winternight Tragedies』をリリース。同アルバムは、スピリチュアル・ビーストからリリースされ、日本デビューを果たした。ミッコ・ヘポ=オヤが脱退し、トニ・カンサノヤ (B)を迎えて、2006年に『Location: COLD』をリリース。リリース後、カリ・ヴァハクオプス (Clean Vo)が加入。この後、ポーランドで行われたライブ映像をおさめたDVD『Bringing the Cold to Poland』がリリースされている。

その後、ヴェイッコ・ユミスコ、テロ・ネヴァラ、オッリ=ユッカ・ムストネンが脱退したが、メンバー補充はミッコ・ネヴァンラフティ (Ds)のみで、ボーカルは、アリ・ニッシラが兼任し、キーボーディストは補充されなかった。

この布陣で、2008年に8thアルバム『VIII - The Time Unchained』をリリースした。その後、2010年3月に9thアルバム『Cavalcade』をリリース。9thアルバムでは、ブラックメタルの要素が希薄になり、メロディックデスメタルへの接近を見せた。また、このアルバムからクリーンヴォーカリストのカリ・ヴァハクオプスがリズムギターを兼任するようになる。また、今までリズムギターを担当していたアリ・ニッシラはボーカルに専念することとなった。ただし、この9thアルバムにおいては、アリ・ニッシラ及びカリ・ヴァハクオプス両名ともギターを担当していることがクレジットされており、タイトルトラックの『Cavalcade』のPVでもアリ・ニッシラ、カリ・ヴァハクオプスともにギターを弾いている。

しかし、同年10月にリク・ホピアコスキーを除く、アリ・ニッシラ、トニ・カンサノヤ、ミッコ・ネヴァンラフティ、カリ・ヴァハクオプスの4名が脱退した。これに伴い、ミッコ・ヘポオヤ (B, Back Vo)が再加入し、ミッコ・ヘポオヤとアルティメイタムで同僚のサウリ・ヤウヒアイネン (G)、トニ・クヴィック (Ds, Clean Vo)が加入した。その後、ミッコ・ヘポ=オヤ、サウリ・ヤウヒアイネン、トニ・クヴィックの3名は2011年6月に3人そろってアルティメイタムを脱退し、カタメニアに専念することになった。また、ボーカリストには、オーディションを経て、All Againstで活動しているユハ=マッティ・ペルットゥネンが加入した。2011年5月には、Silent Threnodyで活動するキーボーディストのユッシ・サウヴォラ (Key)が加入。2006年に脱退した、テロ・ネヴァラ以来、およそ5年ぶりにキーボーディストがバンドに加わった。

2012年4月、新編成でセルフカバーコンピレーション・アルバム『The Rewritten Chapters』をリリース。2014年10月に、Tokyo Dark Fest 2014のヘッドライナーとして初来日[1]東京大阪でライヴを行った[1]

9枚のフルアルバムを発表しているベテランバンドであるが、前述の略歴から分かるように、メンバーの入れ替えが激しく、1stアルバム発表時のメンバーで現在カタメニアに残っているのは、リードギタリストのリク・ホピアコスキーのみである。また、1stアルバムと2ndアルバム及び、8thアルバムと9thアルバムは同じメンバーで作成されたが、それ以外のアルバムでは、アルバムごとにメンバーが異なる。

バンド名について編集

バンド名のCatameniaは、『月経』を表す英単語(ただし、普通はmenstruationを用いる)であるが、バンド名はこれに由来していない。

オリジナルメンバーのリク・ホピアコスキーが2007年にインタビューで語ったところによると、1stアルバム『Halls of Frozen North』のレコーディング後、バンド初期からのファンの一人に、Catameniaの意味が月経であると指摘を受けるまで、Catameniaが月経を意味する英単語であることをメンバーの誰一人知らなかったとのこと[2]。これを知ったバンドはバンド名の変更を望んだものの、既に1stアルバム『Halls of Frozen North』のプレス及びリリース後であったため、変更するには遅すぎた[2]。そのため、バンドはこのバンド名で活動を続けることを決めたという[2]

バンド名についてリーダーのリク・ホピアコスキーは、「俺達は何らかの意図をもってこのバンド名を付けたわけじゃない。ただ、その響きが良かったんだ」と語っている[2]

ちなみに、Catameniaは、鳥類の名前にも使われており、フウキンチョウ科タネワリ属の英名がCatameniaである。

メンバー編集

現メンバー編集

4thアルバム『Eskhata』ではキーボードを兼任していた。現在、唯一のオリジナルメンバー。
2010年のメンバーチェンジ後より、バック・ボーカルも担当するようになった。
  • ミッコ・ヘポ=オヤ (Mikko Hepo-Oja) - ベース・バックボーカル (2003 - 2005、2010 - )
2003年に加入するも2005年には脱退。2010年にToni Kansanojaの脱退に伴い復帰。アルティメイタムでも活動していた。
  • サウリ・ヤウヒアイネン (Sauli Jauhiainen) - ギター (2010 - )
アルティメイタムでも活動していた。
  • トニ・クヴィック (Toni Qvick) - ドラム、クリーンボーカル (2010 - )
アルティメイタムでも活動していた。
  • ユハ=マッティ・ペルットゥネン (Juha-Matti Perttunen) - ボーカル (2010 - )
All Againstでも活動。
Silent Threnodyでも活動。

元メンバー編集

  • ミカ・テニング (Mika Tönning) - ボーカル (1995 - 2003)
ドーン・オブ・レリックの1stアルバム『One Night In Carcosa』にセッションボーカルとして参加したことがある。
  • オッリ=ユッカ・ムストネン (Olli-Jukka 'Topi' Mustonen) - ボーカル (2003 - 2008)
  • アリ・ニッシラ (Ari 'Nipa' Nissilä) - スクリーミング・ボーカル (2000 - 2010)
3rdアルバムから7thアルバムまでは、リズムギター及びバックボーカルを担当し、8thアルバムからはメインボーカルとリズムギターを兼任した。その後、Kari Vähäkuopusがリズムギターを担当し、ボーカルに専念することとなったが、その直後に脱退した。
  • カリ・ヴァハクオプス (Kari 'Kakke' Vähäkuopus) - クリーンボーカル・リズムギター (2006 - 2010)
5thアルバム『Chaos Born』から、クリーンボーカリストとしてセッションメンバーで参加。その後、8thアルバムより正式メンバーとして加入。9thアルバムよりリズムギターを兼任することとなったが、その直後に脱退。また、5thアルバムからプロデューサー及び、レコーディング・エンジニアとして、カタメニアのアルバムのプロデュース及びレコーディングマスタリングを行っている。
  • サンポ・ウッコラ (Sampo Ukkola) - リズムギター (1995 - 1999)
  • ティモ・レフティネン (Timo Lehtinen) - ベース (1995 - 2003)
カルマで活動中。
  • トニ・カンサノヤ (Toni 'Jöpe' Kansanoja) - ベース・バックボーカル (2005 - 2010)
  • ヘイディ・リイヒネン (Heidi Riihinen) - キーボード (1995 - 2000)
  • テロ・ネヴァラ (Tero Nevala) - キーボード (2002 - 2006)
  • トニ・テルヴォ (Toni Tervo) - ドラム (1995 - 1999)
  • シル・ルッティネン (Sir Luttinen) - ドラム (1999 - 2001)
  • ヴェイッコ・ユミスコ (Veikko Jumisko) -ドラム (2003 - 2007)
  • ミッコ・ネヴァンラフティ (Mikko 'Mixu' Nevanlahti) - ドラム (2007 - 2010)

セッションメンバー編集

  • ヤンネ・クスミン (Janne Kusmin) - ドラム
4thアルバム『Eskhata』に参加。カルマで活動中。
  • ユホ・ラーハナ (Juho Raappana) - ドラム
エターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウで活動中。

タイムライン編集

 

ディスコグラフィ編集

脚注編集

  1. ^ a b http://tdf.jp/index_ctm.html 2014年10月6日閲覧。
  2. ^ a b c d CataStory”. Official Website of Catamenia. 2014年10月5日閲覧。

外部リンク編集