カット・デニングス

カット・デニングスKat Dennings, 1986年6月13日 - )は、アメリカ合衆国女優である。本名はキャサリン・リトワックKatherine Litwack)である。

カット・デニングス
Kat Dennings
Kat Dennings
2013年
本名 Katherine Litwack
生年月日 (1986-06-13) 1986年6月13日(34歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 フィラデルフィア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
ジャンル テレビ、映画
主な作品
映画
マイティ・ソー』シリーズ
テレビドラマ
NYボンビー・ガール
テンプレートを表示

生い立ち編集

ペンシルベニア州フィラデルフィアのブリン・マウル近郊で生まれ育つ[1][2]。ユダヤ系の家系で、5人兄弟の末っ子である[3][4][5]

デニングスはホームスクールで学習し[3]、14歳のときに高校を早期卒業した[6]。2002年頃に本格的に俳優活動をするために家族と共にロサンゼルスへ移った[7]

キャリア編集

デニングスは子供の頃にポテトチップのコマーシャルに出演してキャリアをスタートした[6]。2000年にはHBOのテレビドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』にゲスト出演する[7]

私生活編集

2001年1月以来ブログを始めており、後にYouTubeのビデオブログに移行した[8]

著書編集

寄稿編集

  • Feminists Don't Wear Pink (and other lies): Amazing women on what the F-word means to them, (2018年) Penguin. ISBN 978-0241357187

フィルモグラフィ編集

映画編集

作品名 役名 備考
2002 スクリーム・チーム 僕らの幽霊退治
The Scream Team
Claire Carlyle テレビ映画
2003
The Snobs
テレビ映画
2004 ヒラリー・ダフの ハート・オブ・ミュージック
Raise Your Voice
Sloane
2005 ダウン・イン・ザ・バレー
Down in the Valley
エイプリル
40歳の童貞男
The 40-Year-Old Virgin
マーラ
エクスタシー
London
リリー
2006 ビッグママ・ハウス2
Big Momma's House 2
モリー

Wanderlust
ライラ テレビ映画
2008 チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室
Charlie Bartlett
スーザン
キューティ・バニー
The House Bunny
モナ
キミに逢えたら!
Nick and Norah's Infinite Playlist
ノラ
2009
The Answer Man
ダリア
ショーツ 魔法の石大作戦
Shorts
ステイシー・トンプソン
ディフェンドー 闇の仕事人
Defendor
キャット
2010 17歳キャロラインの三角関係
Daydream Nation
キャロライン・ウェクスラー
2011 マイティ・ソー
Thor
ダーシー・ルイス
2012 キミの腕に愛を書く - レネーの物語-
To Write Love on Her Arms
レネー
2013 マイティ・ソー/ダーク・ワールド
Thor: The Dark World
ダーシー・ルイス
2014
Suburban Gothic
ベッカ・トンプソン
2015
Hollywood Adventures
本人役 カメオ出演
2020
Friendsgiving
アビー ポストプロダクション

テレビシリーズ編集

作品名 役名 備考
2000 セックス・アンド・ザ・シティ
Sex and the City
Jenny Brier 第3シーズン第15話「Hot Child in the City
2001-2002
Raising Dad
サラ・スチュアート 計22話出演
2003 FBI 失踪者を追え!
Without a Trace
ジェニファー・ノートン 第2シーズン第6話「迷える子どもたち」

Less Than Perfect
Kaitlin 第2シーズン第10話「The Girl Next Door
2004
Sudbury
アントニア・オーウェンズ パイロット版
CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
ミッシー・ウィルソン 第4シーズン第15話「盛者心衰」
2005 CSI:ニューヨーク
CSI: NY
Sarah Endecott 第2シーズン第7話「再びの地、NY」
2005-2006 ER緊急救命室
ER
ゾウイ・バトラー 計5話出演
2009-2010 American Dad! Female Juror / Tanqueray 声の出演、計2話出演
2011-2017 NYボンビー・ガール
2 Broke Girls
マックス・ブラック 計138話出演
2014 ニュースルーム
The Newsroom
ブレア・ランシング 第3シーズン第2話「越えた一線」
2017 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
ヴァレリー 声の出演
第29シーズン第8話「リサの成長の記録」
2018
Dallas & Robo
ダラス・ムーンシャイナー 声の出演、計8話出演
兼製作
2019-
Dollface
ジュールス・ワイリー 計10話出演
兼製作総指揮
2020 ワンダヴィジョン
WandaVision
ダーシー・ルイス

受賞・ノミネート編集

部門 作品名 結果
サテライト賞 2008年 映画主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) キミに逢えたら! ノミネート
MTVムービー・アワード 2009年 ブレイクスルー演技賞(女優) ノミネート
ティーン・チョイス・アワード 2009年 映画主演女優賞(ミュージック・ダンス部門) ノミネート

出典編集

  1. ^ Abcairn, Robin (August 26, 2006). "SWAG!". ロサンゼルス・タイムズ. Retrieved on August 12, 2008.
  2. ^ "Charlie Bartlett - Kat Dennings interview". IndieLondon. Retrieved on October 4, 2008.
  3. ^ a b Rys, Richard (October 2008). "Exit Interview: Kat Dennings". Philadelphia. Retrieved on October 4, 2008.
  4. ^ Klein, Amy (2008年10月29日). “‘Nick and Norah’ star Kat Dennings is infinitely Jewish, in her own way”. The Jewish Journal of Greater Los Angeles. http://www.jewishjournal.com/films/article/nick_and_norah_star_kat_dennings_is_infinitely_jewish_in_her_own_way_200810/ 2008年10月31日閲覧。 
  5. ^ Elkin, Michael. "Kid Kat: A local suburban teen plans on 'Raising Dad'", The Jewish Exponent, July 19, 2001.
  6. ^ a b Maher, Kevin (January 29, 2009). "Kat Dennings offers directors a touch of va-va-voom". The Times. Retrieved on January 29, 2009.
  7. ^ a b Gross, Dan (February 18, 2008). "Dan Gross: 'Charlie Bartlett' co-star Kat Dennings fond of Philly roots". Philadelphia Daily News. Retrieved on August 12, 2008.
  8. ^ Miller, Jenni. "Exclusive Interview: 'Nick and Norah' Star Kat Dennings". Premiere. Retrieved on September 2, 2008.

外部リンク編集