カトリック河原町教会

カトリック河原町教会(カトリックかわらまちきょうかい)は、京都府京都市中京区にある、カトリック京都司教区司教座聖堂カテドラル)である。守護聖人フランシスコ・ザビエル

カトリック河原町教会
所在地 京都府京都市中京区 河原町通三条上ル
日本の旗 日本
教派 カトリック教会
ウェブサイト カトリック河原町教会公式ホームページ
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1866年 - パリ外国宣教会が京都でのカトリック教会再開を願いフランスで製作された聖母子像を「都の聖母」と命名、将軍塚に埋める[1]
  • 1879年 - パリ外国宣教会司祭・ヴィリオンが京都に入り、将軍塚に埋められていた「都の聖母」を掘り起こし、二条高倉に教会を開く。
  • 1881年 - 問屋町に移転
  • 1882年 - 三条高倉に移転
  • 1888年 - 現在地に移転
  • 1889年7月25日 - 聖堂竣工
  • 1890年5月1日 - 初代聖堂献堂
  • 1951年 - 司教座聖堂に昇格
  • 1967年 - 2代目聖堂献堂
  • 1980年 - 教会設立100周年記念ミサ
  • 2017年 - 2代目聖堂献堂50周年記念ミサ

初代聖堂は明治村(愛知県犬山市)に移築されている。

所在地・交通アクセス編集

〒604-8006 京都府京都市中京区 河原町通三条上ル(北緯35度00分35.2秒 東経135度46分08.9秒 / 北緯35.009778度 東経135.769139度 / 35.009778; 135.769139 (カトリック京都司教区事務局)

脚注編集

  1. ^ 河原町教会の歴史”. カトリック河原町教会. 2020年5月4日閲覧。

参考文献編集