カニチドリ(蟹千鳥、Dromas ardeola)は、チドリ目カニチドリ科カニチドリ属に分類される鳥類。本種のみでカニチドリ科カニチドリ属を構成する。

カニチドリ
カニチドリ
カニチドリ Dromas ardeola
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
亜目 : カモメ亜目 Lari
: カニチドリ科 Dromadidae
: カニチドリ属 Dromas
: カニチドリ D. ardeola
学名
Dromadidae G.R.Gray1840
Dromas Paykull1805
Dromas ardeola Paykull, 1805
和名
カニチドリ
英名
Crab-plover
Dromas ardeola map.png
カニチドリの生息図

特徴編集

分布編集

アフリカ大陸東部、ユーラシア大陸南部、スリランカマダガスカルインド洋沿岸部。

形態編集

全長33-36cm。全身は白、背中は黒い羽毛で覆われる。初列風切の色彩は黒い。

嘴は頑丈で、甲殻類の硬い殻も噛み砕くことができる。嘴の色彩は黒い。後肢は長い。

卵は白い殻で覆われる。

生態編集

海岸干潟環礁河口などに生息する。20羽以上の群れを形成して生活する。夜行性

食性は動物食で、主に甲殻類を食べるが、軟体動物ゴカイなども食べる。

繁殖形態は卵生。集団繁殖地(コロニー)を形成する。砂地に最大200cmに達する横穴を掘り、1回に1個(まれに2個)の卵を産む。雛は成長するまで巣に留まる。

系統編集

Baker et al. (2007)[1]; Pereira & Baker (2010)[2]より。

チドリ目

チドリ亜目 Charadrii

シギ亜目 Scolopaci

カモメ亜目

ミフウズラ科 Turnicidae

カニチドリ科 Dromadidae

ツバメチドリ科 Glareolidae

カモメ科 Laridae

トウゾクカモメ科 Stercorariidae

ウミスズメ科 Alcidae

カニチドリの系統位置は長く論争があったが、ツバメチドリ科に近縁だと判明した[2]

出典編集

参考文献編集

外部リンク編集